Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

偶然の記憶の再生

f:id:swordfish-002:20210411130008p:image

iPhone8 Plus

371日目。仕事の日。

二日間休みがあったけどぜんぜん休めた感じがしなくて、ダルダルな感じである。昨夜早く寝なかったせいというのもある。ここ数日間急に冷えてしまったというのもある。いろいろな要素が混ざり合ってるのでどれが原因という訳でもない。これは結構深刻な問題かもしれない。気分転換のミニ四駆も読書も出来てないし、趣味ってほんとに時間作らないと難しいよねーていう気持ち。もうこの話題何回目なのか。とにかく、美味しいもの食べて元気よく寝る、そんな暮らしが憧れという時点でいろいろ間違っているのかもしれない。たぶん。

最近、過去に撮影した写真を見返すことが多い。必要に迫られて引っ張り出す写真のついでに、そういえばあの場所の写真で何か無かったっけな、だの、この人の写真他にもあるかな、だの、とにかくiPhone側で検索かけては目的の写真をAirdropでMacに書き出すことが多い。写真.appでは重すぎて何も出来なくなってしまうので、ライブラリを共通化させているiPhoneでざーっと見ていくようにして選んでいる。これがなかなか楽しい。自分でも撮ったことを忘れていたようなものが不意に出てきたりするからだ。偶然の記憶の再生と言うべきか。以前お付き合いしていた女性の写真が出てきたときはどうしようかと思ったけど。消すのもアレだし、でも残しとくのも、なんてことをずっと考えるけど結論出ないわこれ。とりあえず結論は先送りした。いつものことか。そうだな。

しかしこれは逆に撮っていない写真もあることに気づいた。撮ったと思っていた写真が無いとか。数年前に国立科学博物館に行った際に撮った写真が1枚も出てこなかった。写真を探すときは最近は撮影地で検索しているのだが、それで出てこなかった。撮った記憶はあるが…こうなるとその記憶すら怪しくなってくる。他の撮影写真から類推してこの辺りの時期に旅行して撮っていたはず…と探すのだが、やはり出てこない。昔使っていたiPhoneかAndroid機で撮った記憶があるのだが、ぜんぜんなかった。タグが付かない普通のデジカメだったかなと思って時期を限定して探してみても、無い。

えぇ、じゃああの撮った記憶というのはいったい何なのだろうか。「撮ったんですよ…展示室で…確かにあのとき…」「よく見てください。そこに何が写ってますか?」「それは…」記憶のバグなのかハッキングなのかは分からない。ただ、周辺の時期を探しても無いということは消したか消えたか。消すことをほとんどしない人間なので消えてしまった可能性は否定できないけど、もう少し状況を切り分けて考えてみようと思う。

アレだな、ランダムで抽出した写真で展覧会やってみるのも面白いかもなとふと思った。カメラロールに保存されてた写真をアットランダムに選んで再配置するとどうなるか。誰かやってそうな企画だけど、逆に言えばみんなそれぞれのスマホとかiPhoneあるから、それだけですでに写真の持つ意味とかも違うわけだから、コンセプトは同じでも全く違うものが出来上がるのは当然だろうし、やる意義あるんじゃないのかな。なんて。そんなことをふと思いついた。あとはそれを詰めていく時間だな。通勤時間の合間にいろいろ出来るだろうか。今日からやってみようと思う。

あ、ちょっと楽しくなってきた。

 

いい部屋を、いい家を見つけたいが

f:id:swordfish-002:20210410165440j:image

iPhone8 Plus

370日目。休日の日。

昨日ベランダで頭を打ってしまってコブができてしまった。かなりおっちょこちょいである。おかげで今もヒリヒリしてる感じだ。一応大事を取って昨夜は頭を洗わなかった。濡れたら痛そうだし。休日だから出来ることといえばそうなのだが、何となく不潔な感じもしてくるし、匂いがしてないかなあとか気になる。今日の夜はちゃんと洗う予定。たぶん。

にしても、やはり団地は小さいなとつくづく感じる。作られた当時の成人のサイズと比べると、わたしのサイズの方が上回ってるのは間違いないのだが、問題はその差だろう。多分10センチかそのくらいか。天井は低いし、廊下の幅も足りない。若干窮屈なのは否めない。ベランダも狭いしね。見えてない訳ではなかったけど、意外なところに出っ張りがあってゴチンとやってしまった。これは今後も起こりうるなあ…

そんなわけで、ぼちぼち広いところに住みたい気持ちが出てきている。団地は家賃が安いが流石に築50年以上経ってるのはところどころ不便な点が多い。しかし探してみると意外と気に入ったところはない。築浅を探すと家賃は跳ね上がるし、駅近を探すと家賃は跳ね上がる。ちょっと遠く、ちょっと古くなるとまあぎりぎり許容範囲になるかなってくらいになるのだが、変に条件が厳しくなってたりする。どっちを取るかも問題だが、都心部でない、むしろ都会とは程遠いような地方でもそんな感じだからどこへ行けばもっと安くなるのか。

あ、地元が安くて広い感じだったな…仕事がないけど。仕事ないけど家賃は安い、仕事あってもお給料安い、な地元に帰るのがいいのか、こちらのような家賃高いが給料もそこそこな方でがんばるのがいいのか。訂正。給料はそんなに良くはない。まだ仕事があるだけこちらにいた方がいいか。

引越しをいつやるかまだ決めてはいないけど、家探しはぼちぼち進めていこうと考えてる。もうちょっと条件を変えてみて、ベストなとこがあれば。個人的にはベランダが広めで、自分の仕事部屋もあって、駅からは徒歩で15分程度であればじゅうぶんなんだが…それはそれでハードルが高い気もするし、妻の希望も加えるともう少し変わってくるだろうし。

いい部屋を、いい家を見つけたいが、どうなるかな。

大人しくしとくのが一番か

f:id:swordfish-002:20210409190410j:image

iPhone8 Plus

369日目。休日の日。

むむむ。日付が微妙にずれている。

昨年の4月7日に緊急事態宣言が出ているので、それを考えたら367日になるはずなのだが、2日分多い。どこかで日にちの計測を間違えたか。とりあえずあとで修正しておく。

どこかで日数を続けて書いてしまったのであろう。こういうミス、割と多いから気を付けなくては。ああでも、もしかしたら自分の周囲だけ時間の流れが早いことになっているのかもしれないけど(可能性はゼロとは言い切れないので)。修正するのが面倒になったら次の日記から数字変えて書こうと思う。

結局、先週末に大阪に行かなくてよかったなと思う毎日だ。特に昨今の新規感染者数の報道は驚くことばかりで、この中に自分もカウントされていたらどうなっていたことか、とかそういう方面ばかり考えてしまう。あの数字の増え方見てたら怖くなる。怖くなるけど仕事には行かなければならないし。どこで折り合い付けるか、ってやつなんだろう。

今日は晴れていたらピクニックにでも行こうかなんて話していたこともあって、晴天を満喫するために外に出たら思いの外寒くて風も強くて大変であった。ある意味目的地に行かなくてよかったとしか思えないような天候である。朝は今日一日穏やかだと思っていたし、実際に日差しも暖かくていい日だなと感じていたのに…見事に裏切られた。買い物に出たくらいで帰ってきた。でもそれがよかったのかもしれない。出かけていたら現地で動けなくなってた気がする。ピクニック気分で行ってたら最悪風邪引いてたなこれ。やはり家でしばらく大人しくしとけってことなんだろう。

住んでる自治体の新規感染者数もググッと増えてて、ホームページ見るたびに「やべーなこれ」ってなってる。この週末でまた増えるのだろうか。ますます外出を避けた方が良さそうな気がしてきた。この週末は大人しく部屋の片付けをしようかな。

暖機運転。

f:id:swordfish-002:20210408183627j:image

iPhone8 Plus

368日目。仕事の日。

謎の別部署からのヘルプ要請があって困っている。「とにかく来てくれないだろうか」的な話だが、具体的に何をするのか、どんなものが必要なのか、そもそも向こうは何人出してきて、何人で作業するのか、全くもって分からないでいる。行ったら最後、そのままそこの人間として働き続けることも考えられる。実際、そうやって上司も引っこ抜かれてそこに行ってしまった。行ったというよりも勝手にそちらに行くことになっていた、という感じだ。残された我々は未だにそれに納得していない。上司の上司が勝手にあちゃこちゃしてそうなってしまった。その人がまたしても後ろで動いてるみたく…なんだかなあって感じである。というより、他の部署の人を持ってくるよりもその場所でひとり雇えばいいのに。そんな人件費をケチってもいいものはできないと思うのだが、自分は何も出来ない人間なので現上司の判断を仰ぐしかない。現場、結構遠いみたいなんだよなあ…わたしか同僚のどちらかが派遣されることになるのだろうか。心配と不安である。

何より専門性のある仕事をそういう「ちょっと人貸して」ていう感じで扱うのって何なんだろうか。まあそういう話をしても通じない相手だからこれ以上考えるのはやめておこう。

ところで、ここ数日Wordがくそ重くて仕方なかったが、オプションの「グラフィックアクセラレーターを無効にする」にチェックを入れたら嘘みたいに改善した。i5乗ってるのに、i5のGPUはそんなにパワーないのか…むしろそっちの方がびっくりである。ノートPCってそういうところあるんだな。最近Windowsはデスクトップ、ノートはMacbookだったから分からなかった。やっぱりノートでもちゃんとしたGPU積んでるかそれなりのパワーがあるGPU内蔵CPU積んだものを選んだ方が良いのだろう。今、妻のノートPCが不調でタブレットかノートにするかで悩んでるので、そういう部分も考慮の対象とするのを覚えておこうと思う。最近はそういうところまで考慮する必要あるからなかなか大変である。悩むのが楽しいってのもあるけどね。SSDでメモリ16GBあれば数年はいいかもとか思うけど、その前に使用頻度とか目的とかもあるから、その辺りも相談しなきゃ一概に決められないなあって。お金の問題もあるし、難しいなあ(楽しい話題があんまりないからこういうことしか楽しみがない)。

新年度始まってようやく1週間。何となく回ってきたようなそうでないような、まだまだ暖機運転が続いているような感じだ。調子上げていきたいが、まだそこまで気持ちが追いついてない部分もある。来週1週間はでかい仕事がやってくる。それまでには1速か2速くらいまでにしておかないとミス出そうで怖い。今週末にリフレッシュしたい(でもできないだろうなと思う自分もいる)。

扶養家族の手続きが進まない

f:id:swordfish-002:20210407123028j:image

iPhone8 Plus

367日目。仕事の日。

困ったことになっている。扶養家族の申請手続きが進まないでいるのだ。

こればかりは自分でもどうしようもない部分が多すぎてやきもきしながら事態の推移を見守るしかない。どこで躓いているかよく分からないのだが、職場の手続きシステム上では「変更中」という表示しか出ておらず、作業が進んでいるのか止まっているのかどちらなのかさっぱり分からない。これは次の手続きにどう進んだらいいのか分からない。

日にちだけはどんどん過ぎていくから結構やばいんじゃないか。聞こうとしてもいつも電話は通じないし、問い合わせメールもなかなか返ってこない。人が少ないんだろうか。ちゃんと手続きできるのだろうか。国民健康保険とか年金に加入するとなると割とお金も出ていくし、何より日数が足りているかが怪しいことになってきている。

どちらの手続きを進めるにしても、今の状態では手も足も出ない、外敵にさらされた亀とかアルマジロみたいなものだ。精神衛生上非常によろしくない日々が続く。

月曜日にいろいろ手続きで動きたかったけど、郵送で届くはずの書類も届かず結局空振りに終わってしまった。年度初めはいつもこうだし、毎年いつもこんな具合なのを改善しようとしない我々日本人もどうかしてる。オンライン化で手続きが手軽になった分、適切に行われてるかの突合せ作業がめんどいことになっているのだとしたら正直意味がないことだが果たして実際どうなのだろうか。自分の見えないとこで何がどうなってるか分からないのは気持ちがいいものではない。

とりあえず年度始めはいろいろ複雑なことになりすぎで困ることが多い。そういうことしている暇なんて無いのに。とかいって数年前に無職になった時代は「まあ、のんびりやるか…」的な感じで後回し後回しになってしまって窓口の人に「あと1日遅かったら手続きできなかったですよ」とか言われたこともあったな。あれは自分の責任だ。手続き遅くなってしまいすみませんでした。

この手続きがうまく進まないとあとあと面倒なことになりそう。税金とかそのあたりがどのくらいかかることになるのだろうか…いかんせん初めてのことだらけでよく分からない。うまくできるかな。今週中に動けなかったら行政とかで相談してみようと思う。

小さな明るい話でもあればまた変わるんだろうけど

f:id:swordfish-002:20210406182206j:image

iPhone8 Plus

366日目。仕事の日。

普通に仕事だ。えいやあとやることが多すぎてちょっと困る。週明けだからそういうものかな。毎回毎週こんな感じになるのがしんどいな。やはり季節の変わり目だからいろいろズーンと来るのは仕方ないのかな。まあでもここ2週間くらい沈みぱなしな気がする。あれ、2週間か?なんだか前からずーっと凹んでいるような気はするが、そういうものなのかな…自分でもいまいちよく分からない。

昨日の夜は多少時間ができたのでお弁当のおかずを作った。その方が気分転換になるかな、なんて。久しぶりににんじんしりしりとほうれん草ベーコン炒めを作った。これは料理に入るのか、と首を傾げるくらい簡単だけど美味しいものなのでお弁当作り始めた当初はリピートしてたんだけど、最近作ってなかったのを思い出して、よしまた作るか、みたいなテンションでちゃちゃっと。

にんじんは細切りピーラーで細切りにすればいいし、ほうれん草とベーコンは適当な大きさに刻めばいい。何にしても、準備と片付けが楽な方がいい。あとはそれぞれフライパンで炒めて味付けして完成。にんじんまるまる一本使うと結構な量になるので、お弁当に入れる分以外は妻のお昼用に置いといた。多分それでも残るだろう。晩ご飯にも出るかもしれない。

にんじん一本はさすがに多かったか、前はそんなことなかったような気がするのだが、よくよく考えたらお弁当用のおかずカップに小分けして冷凍していたので、そりゃ一食分は小さくなるしそんなに食べたように思わないわけだわ。また冷凍しておけばよかったかな…あ、お弁当用のカップが切れてたんだった。

ああいう小物類ってついつい買い忘れてしまってそのままになってしまうから厄介だわ。またスーパーで買っておかないと。

朝からいろいろあってちょっと気持ちマイナスに余計落ち込む。作ってきたお弁当も実際のところそんなに美味しいものではなかった。

んで、上に書いたようにがんばって作ったしりしりもビミョーな味の加減で、全体的にぼんやりしたものでしかなかった。

なんだろなぁ、ずーっと後退してるような感じがしてならない。気が重い部分もあるし。気づけば最初の緊急事態宣言から1年が過ぎていて、それでも街は賑やかだけど変に影っぽい雰囲気もあって、閉塞感がこびりついてしまったようにも見える。

ワクチン打てるのいつになるのかもまったくわからない状況で大きな展覧会も控えてる。ナイーブにどうしてもなりがちだが、誰にも相談出来そうにないし、相談しても「みんなおんなじなんだから」で解決されそうな気がする。

小さな明るい話でもあればまた変わるんだろうけど。

体温35.2℃

f:id:swordfish-002:20210405135038j:image

iPhone8 Plus

365日目。休日の日。

昨夜急に体調崩して大変だった。寒気がするなと思ったら熱は上がらず、むしろ下がりっぱなしで大変だった。体温計で測ってみたら35.2℃とかいうのが出ていたぞ…これで施設入館の体温計で測ったらきっと34℃代が出るな…なんてバカなことを考えながらとにかく着込んで横になっていた。ちなみに室温は22℃。まったくもって普通の4月の感じである。着込んでも暖かくならないし、布団も冷えたままでしんどかった。お風呂に入れば多少は変わるかもしれないのだが、その元気がなかった。気づいたらそのまま寝てしまっていて、翌日にお風呂に入る羽目になってしまった。翌日というか今日の午前中か。一晩寝たら何とか回復できていたが、あれは一体なんだったのだろうか。いつもは36℃の少し高めな体温なだけあって、35℃になるとは思ってもいなかった。そういえば施設入館の体温計でも35℃で出るんだけど、あれはそういう仕様だとばかり思っていた。どうやら本当の数字だったのかもしれない。代謝機能が落ちてるんだろうか。やはりコロナのアレで出歩けなくなってるのが影響しているのかもしれない。リングフィットをまた再開しなきゃと前から思っているけど、なかなか出来てないし。やる気だけはあるのになあ。

今日はそれもあって朝からだらだらしている。ゴミ捨てとかお風呂とか、そういうのだけはやっといて、あとは力抜いた感じだ。昨日より調子も良くなってはいるけれど、まだ本調子ではない感じだ。寝てしまいたくなる感じ。10時間近く寝ているはずなのに、それでも足りない。春先はそういうものなのかな。明日から普通の仕事なのに。少し心配である。早いとこ元気にならないとなあ。