Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

Kindle Unlimitedで見つけた写真集たち

まつりの街角(iPhone8 Plus)
iPhone8 Plus

といいつつ、そんなに多く読んでいないのだけれど。

最近はKindle Unlimitedで写真雑誌とかがタダで読めちゃうのが(要プライム会員権)いいところ。『デジタルカメラマガジン』とか。旧ソビエト連邦関係の写真集とか旧社会主義国の廃墟を撮ったものも読み放題なのはうれしい。

ただこの読み放題も不満がいくつかある。一番大きな不満が「同時に読めるのが10冊まで」という制限。何十冊以上読みたい本とか雑誌があるのに、優先順位付けとかないとすぐに制限冊数までいってしまう。雑誌は読んだら消すという使い方が一番いいのかなと思う反面、消したものを再び読み返したいときには再ダウンロード必須になってしまう。

読むならやはり解像度の高いディスプレイで。タブレットは特にそう。fire7インチ使ってるけどやっぱり画面小さいし字がちょっとつぶれ気味になっちゃうのがどうしようもない。

見かけたなかでよかったものはこのあたり。

旧ソ連の建造物

旧ソ連遺産

旧ソ連遺産

 

 なんでこう旧東側の建物って妙に魅力的に見えてしまうのか。廃墟となっているから余計に。

バイコヌール宇宙基地の廃墟

バイコヌール宇宙基地の廃墟

 

ソ連版スペースシャトルなんか、これ見つかったら逮捕どころの騒ぎじゃないよねうち捨てられているとはいえ、ある種の国家機密なんだろうし。

それと日本に比べて建造物や構造物が残っている(残されている)のもまたいいなと思う。日本の場合だと朽ち果てるか税金対策で更地にされるのがオチだもん。まあ更地にしてしまうお金がないというのがあるのかもしれない。

個人所蔵の古写真をまとめたもの

古写真の中の田舎町: ナースのお片付け

古写真の中の田舎町: ナースのお片付け

 

作者の祖父が持っていた写真をまとめて本にしたもの。余計な文章が付いてるのが玉に瑕だけど、それ以外はコンセプトからして面白い。こういうプライベートで撮った写真が表に出てくることってそうそうないし。これは見つけたとき衝撃的だったな。わたしの実家にも古い写真とかないだろうか。

『記録』シリーズの一部

RECORD No.33

RECORD No.33

 

森山大道のライフワークとも言える『記録』。そのうちの数冊が読める。2冊くらいだったかな。ハイコントラストなモノクロ節は健在。できれば全ての号を読みたい。

それから気になってるのは、どう見ても個人が撮影して作成した写真集があること。ただレベル的には非プロというか、ハイアマチュア以前の人の作品が多い。というか素材自体をどこかの無料サイトから持ってきたようなヤツもあるし、どう見ても素人が撮ったようなレベルのモデル写真集とかある。モデル自体も「どちら様ですか」みたいな人がドーンと出ている。

そのような玉石混交の中から買ってもらえるようにするの大変だろうな。それ見てたら「あ、自分もZINE感覚で出してみようかな」という怖ろしい考えが頭をよぎる。あーでも撮りためた写真をまとめてみるのもひとつの手だなーZINE作ろうと思ってたのに作れてないし。やってみたら面白いかもな。

んー自分の写真ライブラリちょっと振り返ってみようかな(何をするわけでもないけど)。

体調崩してお休みしたのだ

横断歩道

iPhone8 Plus

10月入ってからの変化に体がついて行けずに結局お仕事休んだ。

この2週間ほど寝てるのか起きてるのかよく分からない毎日だったし、まあそりゃそうなるよなあ…社会人としては失格かも。

ただ、後ろの席の人が風邪引いてたのにも関わらず職場に来ていたから、それが移った可能性もあるし。疲れてるときにそういうのがあるとすぐダメになるよね。

 

本とはもう少しいろいろ書くことあるんだけど、とりあえず早く寝ようそうしよう(毎回こんなんばっかりやな)。

団地の話を団地ぐらし50年の人にしてきた

夜の団地(iPhone8 Plus)

iPhone8 Plus

いやもうね、恥ずかしいね。

担当した講座で団地の魅力とか歴史とかそういうのを話してきたんだけど、終わった後で参加者から「実はわたしそこに住んでましたの」とこっそり告白されたときはどうしようかと思ったね。

しかも相手の方が当然住むの長くて。50年住んでいたのよ~と。なんでも開所してすぐの新築の時に抽選に当たって入居できたんだって。生き字引的な存在の方を前にして、住んで3年目のペーペーなわたしがしゃべるというね。しかも文献使っての話だから余計・なおさらなんというか恥ずかしい。

なお出席者確認したら、ほとんどの人が団地住まいで、しかもわたしの部屋の近所っぽい感じ。

おうおう、なんだよそれ。

こういうことになるんだったら講座とかいうものではなく、もっとフランクな座談会形式にすれば良かったとすごく後悔。そうすればいろいろな思い出話とかそういうのが聴けてすごく面白かったはずなのに。

 

終わってしまったからもうどうしようもないけど、もうちょっと考えておくべきだったな。

おいしかったイチジク

イチジク初体験(iPhone8 Plus)

iPhone8 Plus

彼女からもらった。正確には彼女のお母さんが「渡すように」と彼女に持たせたものだそうで。はあ、向こうの親御さんにまで食生活を心配されるなんて…ありがたいやらなさけないやら。

それはともかく。実はイチジクを食べたのは初めて。優しい甘さでおいしかった。食べ方がちょっと難しい所あるけれど(おしりの部分から裂いていく感じ)。うーん、食べ方を書いたらちょっとグロいというか怖いことになったな。

これ食べたおかげで残りの作業を乗り切れそう。もちょっと食べたかったな。

 えっ…ドライイチジクなんてのもあるの?何それすごくおいしそう。一度でいいから食べてみたい。

写真、右下がり

休日の電車(iPhone8 Plus)

iPhone8 Plus
こないだの続きじゃないけど。


D80構えて写真撮ってPCモニタで確認したら見事にほとんど右下がり。ファインダーでは水平に見えたのに、だ。このiPhone写真は写真で左肩下がりになってるけど、これはたまに起きることで、基本的に右肩の方が下がる。

全部補正とか修正が必要になってくるなーこういうの気になると全部気になる。水準器で水平なのにも関わらずずれてたときはどうしたもんか頭抱えるよね。

右脚の方が短いことが関係してるのはまあ間違いないだろう。構えるときに重心がどちらにくるかちょっと思い出せないんだけど(そのくらいごく自然にどちらかに体重かけてる)それでかなあ…
あと、正対して撮ったはずなのに左右どちらかが前に来ていて微妙に歪んでたりとか。傾きの修正だけなら写真.appで修正利くけど煽りっていうの?あの修正は出来ないから別途にPhotoshopやLightroomCC等開く必要がある。そこまでやるべき写真かどうかは別として。その補正までできればいいのに…と思うが、OS付属の無料のものはそういうものなのだろう。同じ無料でもVSCOはその修正が出来るので残念である。LightroomCCは無料版では傾き補正のみで、月額払えば垂直補正の使用が可能になるようだ。そこうまくできてんなー。


なるべく下がらないように、煽らないように撮るしかないのか。結局そこなんだろうな。​

プレゼンが終わらない

雨の日(iPhone8 Plus)

iPhone8 Plus

プレゼン用のパワポ制作およびプレゼン自体が終わらずにいる。短期間(4日間)で4回もしなきゃならない。各回約70×4回=280分分、しかも各回テーマが全く異なる。準備期間は2週間もないくらいで、突貫作業が続いている。

こないだのはそのおかげで散々な目にあった。内容も写真も場の空気もなんだかおかしくて、その場に居合わせるのがいたたまれなかったよ。大失敗だったといってもいいくらい。

んで、現在も格闘中なのである。

残り2回分なんだけどページ数だいたい60×2なので120枚。しかも話す内容も考えながらだから、もうね、最近脳が止まりかけてる。息抜きでゲームしたり横になったりしても、急に「あああれ入れとかなきゃ!」って思い出して休憩を強制終了して作業に戻る、てのを繰り返していて半分ノイローゼ気味。夜寝ようとしても寝られなくなるのね。夕べなんかPC前で力尽きてたし。

これも今週中には終わるはずなんだけど…ほんとに終わるのか自分でも不安になってきた。「代理よろしく」とか言われてピンチヒッターやることにならなきゃいいが。

乾燥が激しい気がする

f:id:swordfish-002:20180926002747j:plain

iPhone8 Plus

なんだかすごくパサパサしている。乾燥してんのかなこれ。

季節の変わり目で急に乾燥するようになったような気がする。というよりも何か飛んでる。ような。実際のところは分からないけど、これ鹿児島に住んでたときの灰が降ってきたときと同じような感じ。

おかげで変に体力が持ってかれてる。

 

休みの日くらいは早めに寝ようそうしよう。