Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

Gのレコンギスタ

f:id:swordfish-002:20200603123922j:image

57日目。出勤の日。今年も虫がよく出る季節がやってきた。先週末くらいからGことゴキブリが我が家に出没するようになったのだ。失地回復、レコンギスタ作戦を発動しているようなのでわれわれとしては断固として戦わねばならない。

「元気のGははじまりのG」どころではない。

あの作品の劇場版は声優の問題もあって続編があるかどうかも怪しくなってきたがどうなるのだろうか。レコンギスタ、ほんとは濁らない音の「レコンキスタ」が正しいらしい。

そういうのはさておいて、「1匹見たら30匹はいると思え」という連中と、いかにして戦うかを考えなければなるまい。すでに外部には薬剤(餌タイプ)を撒いて様子を見ているが、問題は風呂場・洗面台・トイレの配管および窓である。

わたしたちの暮らしている団地は築60年に届きそうな古いもので、リフォームはしてあるものの、やはりあちこちが古くなっている印象は否めない。特に風呂場とトイレは換気扇すらなく、窓を開けて換気するしかないのだ…しかも網戸ナシ。そして都合よく大きな樹やら植物が建物の前に植えられているのである。入り放題じゃないか。

風呂場排水口もU字状の配管になっておらず、一直線で階下へ落ちていくパターン。逆に考えれば下から登りたい放題。蓋してるけど意味がない。何より風呂場とかトイレの水気とか暖かいところとか、そういう部分があいつらにとって非常に好環境なのである。書いてるだけでも対策箇所多くて嫌になる。古い団地に住むなら、植生環境とかも前もって確認しておいた方がいいと思う。できればリノベした後の団地に住むのがいいだろうけど、そういうところ限られてるし人気だからな最近。

ほかにやっているのはムシコナーズを網戸に貼り、ムシコナーズをベランダの物干しにぶら下げたことくらいだ。あれ効果あるんかな…隣の部屋との境界には屋外用の対ゴキブリ用薬剤。値段の割に小型で効果あるかどうかも少々不安なところが多い。このトラップで撃退できるのだろうか。Amazonで売られている超音波で撃退するやつを買ってしまおうか最終的には。あれこそ「気持ち問題」的なやつなのかもしれない。あとはアシダカグモを放つか。ああでもあれはあれで結構グロい形態だから妻がそれを見てひっくり返るかもしれない。それはまずい。

とりあえずゴキブリの生態をもう一度確認しておくことにする。戦いはこれからである。

気が重くなる今月の仕事初めの日

f:id:swordfish-002:20200602124239j:image

iPhone8 Plus

56日目。出勤の日。昨日から世の中は本格的に通常運行しているようで、ほんとに大丈夫なのかなと不安になる。まあいつまでも不安なわけにはいかないし。自分の気持ちを偽るわけではないのだけど、何かね、そういう部分でどこかで区切りをつけて仕事するしかない。

「コロナ後」とかいう言葉だけ独り歩きしている現状、街中ではすでにマスクを外している人を何人も見かける。わたしはそこまでする勇気がないし、これからの仕事で仕切る立場になるためにどうしても病気というか、そういうのをするわけにはいかない。わたしがいなくても仕事が回るようにする、ていうのがベストなんだろうが、人手が足りてないし、そういう少人数で回すこと前提で組まれている以上頑張るしかないのだ。つらいけど。

今日も心臓というか胸のあたりが変に痛むのが気になる。検温しても熱はないし咳も出ていないからアレではないのだが、変な病気だったら嫌だな。

 

夜は夜で初めてのZoom会議の予定が入っている。2時間程度で終わればいいけど、どうもそういう雰囲気がしないのが怖いところだ。もしかしたらほぼほぼエンドレスみたいな感じになるんじゃないか。ああやだなあ、ボロボロに言われそうだ。今の時点ですでに気が重いから開始直前・直後あたりはもっと重くなっているだろう。一応気心知れた相手たちではあるが、やはり現場で会って話せないのはその場の空気を読めなくて緊張するだろう。過去に行ったWeb経由面接もそんな感じで大失敗だったし。会って話すのが楽なのになあ。

そんなこんなで気が重くなる今月の仕事初めの日。

新しく買うとしたら、というカメラのことを考えて乗り切ることにする。

予定にないことをする日

f:id:swordfish-002:20200601145115j:image

iPhone8 Plus

55日目。休日。やらなくてはならないことがあったのだが、いろいろあって予定を大幅変更している。ほんとは三宮の銀行で記帳してくる予定だったのだが…まぁ仕方ない。

昼過ぎに自宅から徒歩で二つ隣の駅で出かけてみた。これもまた予定にないことである。妻の思いつき。だいたい1時間程度だろうか、久しぶりの運動事は案外しんどい。下り坂が割と多くて困る。そして何より自分たちが歩いてるのがどの辺なのかがわからないのが一番の問題。なんせ初めて通るような道だからだ。むしろ、こんな道あったっけ?という感情の方が正しい。どこに繋がっているかわからないけどとりあえず行けば駅に着くだろう、というノリである。まぁ最終的にはGoogle マップ使えばいいんだけど。

写真はその途中で発見した謎のトンネル。さすがに通る気はしなかった。なんかこう、いそうな気がして…言葉にできない不安感みたいなのが一瞬沸いたので行くのをやめたのだ。そういう直感は大事にした方がいいと何かで読んだことがある。見える見えないだと見えない方だけど。

そうこうしてる間にようやく駅に。無事にたどり着けてほっとする。途中見かけたマンションで生活する妄想とか、不動産屋の表に貼られた価格表を覗いて、今後住む場所のこととかを妻と話したりした。隣町も海が見える家が多い。そっちに暮らすのも…ああでもお金の方もな、ちゃんと稼がないとダメだな。最近そんなことばかり考えている。

隠れ家願望

f:id:swordfish-002:20200528120116j:plain

iPhone8 Plus

54日目。休日。家のもろもろを片付けたり、送るべきメールを送ったりして過ごしている。書斎があるのとないのでは全然違う。もうちょっと部屋の面積自体が広くて備え付け、もしくはフィギュア類も飾れるような本棚(正方形になっているような感じの)が置けたら快適度は上がるんだが、4畳半の部屋はどうやっても広くならないし、ドラえもんの「ポップ地下室」が欲しくなる。隠れ家願望といったらいいだろうか。

映画ドラえもん のび太と竜の騎士
 

ああいう「隠れ家」じゃないけど、ちょっとした部屋が欲しいのが最近の悩み。別の趣味ブログにも書いたけど、気持ち的には「世田谷ベース」的なものが欲しいのだ。

no-course.hatenablog.jp

維持費はこの際考えないものとする。夢は夢だし。

換気のために窓を開けっぱなしにしていたら外から小さい子の絶叫声が聞こえてきた。事件か、と思うが、その後母親らしき人の叱る声が聞こえてきたところを考えると、むやみに叫んでただけのようだ。ちょっと安心。外になかなか出かけられなくてストレスが溜まっているんだろうなと想像する。とか書いてたらまた「キェェェーーーーッ!」って叫んでる。元気といっていいのかどうか。

あ、自転車で激走してら。

明日から6月。あっという間に今年の半分が過ぎ去ろうとしていることに慄いている。今年何やったっけ、新型コロナで2ヶ月ほど何もできなかったし、何もできなかった分を今後取り戻せるかというと正直微妙だ。天気のせいか頭が痛いのでちょっと横になる。

誰も知りたくないだろう

f:id:swordfish-002:20200530092627j:image

iPhone8 Plus

53日目。休日。穏やかな朝で、のんびり食事した後洗濯してだらりとテレビ。ただ、観る番組もさほどないので『朝です生サラダ』にしていたら、妻が「誰もラッシャーの現状なんて知りたくもないよ…」。リモート出演者が一堂に介してわちゃわちゃしてる場面で放った一言。割と辛辣である。

まぁそうね、確かにラッシャーの現状というか芸能人の今の様子なんてのはあんまり興味ないわな。誰も知りたくないだろう。

あ、言い過ぎかもしれない。

リモート出演という体制がすっかり馴染んでいる今日この頃だけど、逆に新しい映像が使えないからか非常に引っ張る演出が多くて、見ていてしんどくなる。というか面白くない。テレビ人間ではなかったはずなのに、そんな感想を持ってしまうということはそれだけこの自粛期間中見てしまったのかと自分でも驚く。いかんなあ、このままだとテレビに呑まれてしまうわ。テレビって見てる間何も考えなくなるのね。それを前提に今まであれこれ作ってあるもんなー。

昼から出かける予定だったけど、まだ準備もせずにぐだぐだしている。こういう日もあるかな。もしかしたらいつものことなのかもしれないが。神戸の大丸の開館状況とかを確認する。行くかいかないかはわからないけど、知ってるお店が今どうなってるかは気になるし。今日から土日も開店することを知る。人多そうだなあ、対策大丈夫だろうか。ちょっと気になる。

夏用のマスクが必要かなあ

f:id:swordfish-002:20200529183645j:image

iPhone8 Plus

52日目。出勤の日。朝から心臓の周辺が変に痛む。「いつものこと」なので特に心配してはいないがちょっと期間が長いので病院に行こうかなとか考える。去年の健康診断では心電図も異常なしだったから気にも留めて無かった。今年からは人間ドックに行ってみようか。

「書けねえなあこれ」と匙を投げていた記事が、どういうわけかすぽーんと書けた。匙を投げるような動作は重要かもしれない。スプーンでも可。いやダメか。あれだけ書けないと嘆いていたものがあるとき急に「ああ、こう書けばいいか」となる、あの現象に名前を付けたいがセンスがないのでやめておこう。とにかくひとつブレイクスルーしたので、残りの原稿も書けそうな気がしてきたから人間とは不思議なものだ。何も技術があがったとかいうわけじゃないのにね。少し集中して原稿に取り組みたかったが、職場内が変にバタバタしていてわたしもそれに巻き込まれる。あまりいい気持ちはしない。そして何より室内が暑くてたまらない。室内でもマスクしなきゃだし、それだけでもう息苦しいのに、マスクで息がこもって変に顔が暑くなる。わたしの席は空調の風が全く来ない席なのである…周辺の席だけ冷えてこちらはずーっと暑いことこの上ない。卓上ミニ扇風機でも今度置くか。

本格的に職場で仕事ができるようになり、ようやくいろいろと再起動してきたので、このままペースを崩すことなく取り組みたいところだが、北九州で第二波の予兆らしい。あの辺の人口で第二波が来ているのなら、大阪や東京近郊でまたやってくるのは確実ではないのかなとふと思う。まだ警戒は必要か。夏用のマスク用意しとかなきゃなあ。

姿のないもので一喜一憂する

f:id:swordfish-002:20200528115925j:plain

iPhone8 Plus

51日目。在宅の日。無理矢理有休休暇というものを取得して、家に引きこもって仕事している。回っていない作業とかそういうのをするためだ。いいのかな、とは思うが、有休の使用は半ば義務と化しているから(それもそれで変な話だ)、余計なことは考えずに使わせてもらおうと思う。それに職場の事務所、冷房が効かなくて変に暑いし。まだ家の方が風通しも良くて涼しい。

書類と言えば、とうとう給付金の申請用紙が届いた。夕べのうちに書く部分は書いて、あとはコピーを取るだけの状態にして、今日は今日でそのコピーを取りに行くついでに投函。例の「給付金要りません」チェックボックスがほんとに間近にあるタイプで間違いそうになる。あぶないあぶない。コンビニでコピーしようと思ったらものすごく並んでて、いざ自分の番になると後ろからのプレッシャーがすごかった。コピー機の前で密になってどうする、という感じだ。給付金を受け取るためになんでこうなるのだ…しんどいなこれ。コンビニはそんな具合だったので、道路挟んで向かい側にあるスーパーの5円コピーへ。結果的にそこがよかった。誰も並んでいなかったのだ。コンビニは駐車場が無料だから人が集まりやすいんだろう。スーパーの駐車場は駐車券必要なタイプだから使う人が自然と限られてくるわけか…今度からこっちの方でコピーしよう。並ばなくていいし、1枚5円だし。

冗談で言っていた「マスクよりお金の方が先に来たりして」ていうのがちょっと現実身を帯びてきて内心驚いている。というか、ほんとに来るのだろうか。もはや幻のマスクといってもいいのではないか。配布率2割とかいう話も聞く。なんというか、現場の人は大変だろうなとふと思う。とかなんとか言ってたら届いてた、みたいなのだったらまだいいのだが。姿のないもので一喜一憂するのは変な感じだが、事実そうなっているのだから仕方が無い。

郵便受けを確認して帰宅、残りの仕事を仕上げる。