Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

いっぺん、教科書的なものを作った方がいいのかもしれない

f:id:swordfish-002:20211022123910j:image

iPhone8 Plus

567日目。仕事の日。

レジュメを作りながら自分自身の知識の再確認みたいなことをしている今日この頃。これが結構楽しい。仕事しながら習得した部分が本当に適切なのかどうか、その辺のことも確認できる。

むしろ現場の知識の方といわゆる教科書的なものとの乖離が大きくあってどちらを優先するのがいいか迷うことすらある。そういう場合はだいたい現場で得た知識の方が最新だったり、過去の人間たちの英智の結集的な部分があってそちらを利用するわけだけど、なぜ現場レベルの知識が教科書的なものに吸い上げられていかないのか分からなかった。最近ようやく「教科書のように一般化することが難しい」ことが何となくだけど分かってきた。じゃあ教科書って何なんだろうか。うーん…教科書があるけどないような世界での仕事について説明するのはなかなか難しい。

もたもたしていたらあっという間にお弁当を作る時間がやってきた。今日はどういう内容にしようか、台所に立つ度に毎回悩む。一週間ごとの献立を作っておいた方がいいかもしれないが、食材と自分のスキルとの兼ね合いで大きく変わるからそうガチガチに決めてしまうのもかえって作りづらいかもしれない。ご飯敷き詰めて上に目玉焼きと冷食の唐揚げとブロッコリーの和え物を入れるだけでも十分か。見てくれは良くないし、お弁当感は失われるけど。

このお弁当生活も早いもので3年目になった。3年も経てばそれなりにできるようになる、と思うかもしれない。むしろ逆だ。自分しか食べないお弁当だから思いっきり手抜きをするワケである。すると料理のスキルとか関係なく、載っけただけ弁当とか詰めただけ弁当とかそういうのができあがる。教科書的な本はちまたに溢れているし、あんな感じで作れたらいいなと思うこともあるが、結局食べるのは自分なのである。あんまり凝ってなくても、というか、食べられればいいやって気持ちの方が大きいから、次第次第に手を抜いてしまって、という流れになっている。あんまり良くない気もするが、そんなこと考えている暇があったらさっさと作った方が…ていうのが良くないんだろうな。これもいっぺん「オーソドックスな」「教科書的な」ものを作った方がいいのかもしれない。そのうえで「やっぱできねえな」てなるのか「これならまだ作り続けられそう」となるか、だ。

もっとも、それに取り組む時間があるかどうか、ていう話ではあるが。まあ、やれるだけやってみようかと思う。


今日も今日でコミュニケーション必須の業務が多すぎて時々しんどくなる。昨日は昨日であちこち歩いたし、変なところで疲れが溜まっているのかもしれない。それはいつものことか。

とりあえず、見たい映画とかをリスト化してみよう。それだけでも気が紛れるかもしれない。週末くらいは静かに過ごしたいが果たして。

明日も休みだったら良かったのにな

f:id:swordfish-002:20211021194616j:image

iPhone8 Plus

566日目。休日の日。

昼近くから県立美術館の展覧会を奥さんと見に行った。事前の予想では平日だしそんなに人はいないだろうと思ってたらウソみたいな人出で。あれ、通常の展覧会で平日にこんなに人が入ってることあったっけ?とか思ってしまった。いやーすごかった。おかげで展示室入っても全然進まないし、「どこから見ても大丈夫です」ていうアナウンスあったから空いてるとこに入ったら「横入りして…」みたいな目で見られるしで、あまりいい気持ちではなかった。

展示内容も、タイトル倒れというか中途半端というかどっちつかずというか、そんな印象を受けるものだった。ハリーポッターという作品のものを見に来たかった人とかからしたら拍子抜けしたんじゃないだろうか、とか展示を見ながら思った。ものはいいんだけど、それをどう見せるかが今ひとつかっちりしてないというか…なんかこうあちこちに動線があって見ていてしんどかった。

展示品のなかで面白かったのは「透明マント」が展示されていたことか。個人蔵ということらしい。透明マントなので透明。つまり何も入ってない展示ケースがひとつ置いてあるだけなのだ。これはシャレが効いてる。文句を言ってる人はいなかったけど、シャレが分からないと楽しめない展示だった。

気づいたら午後3時近く。昼ごはんを食べるタイミングを逃してしまったので館を出て駅近くのラーメン屋で遅めの昼食にした。久しぶりのしっかりとした豚骨ラーメンでお腹が喜んだ。これはいい…血中の豚骨濃度が上がる。九州を離れてからまともな豚骨ラーメンを食べてきてなかったから、嬉しかった。美味しかったし。おかげで元気も出た。

その後人混みをかき分けながら100均行ったりあちこち回ったらちょっと疲れた。ラーメンの元気補充もそこまでか。人混みにいたのも疲れた原因なのかもしれない。明日も休みだったら良かったのにな。少しヘトヘトになりながら帰宅。今日は早めにゆっくりしようそうしよう。

iCloudメモが同期されなくて困った話

f:id:swordfish-002:20211020171129p:image

565日目。仕事の日。

朝からMacbookAirで書いたメモがiPhone側で同期されていなくて焦る。調べたら、どうやらiCloudのサーバー側なのか何なのか原因は不明だけれど調子が悪いらしい。何でメモだけ不調でほかのサービスは影響ないのか。どういう仕組みになっているか分からないけど、ほかのサービスまで止まっていなかったのは助かる。

もっとも、Apple Musicとか使ってないわけだが(使ってみたい願望はある)。

クラウドサービスを利用していて一番焦ったり困ったりするのが同期関係あるいはアクセス不可になるトラブルだろう。更新したものが反映されていなくて出先で古いバージョンしか開けないとか、ネット回線が来ていなくて同期そのものができていないとか。考えただけでも冷や汗が出てくる。

プレゼン用の資料を作っている身からすればなおさらで、最新バージョンの管理もだし、些細な変更を反映しているかしていないかでずいぶん変わってくる。結局そうならないように家を出る前にWin側とMac側をネットに接続してちゃんとファイル同期をしてから出ていかざるを得ない。それってクラウドの意味無くない?USBメモリによる更新でいいんじゃない?効率を求めているはずなのに、なんかこう、非効率的になっている気がしてならない。というか絶対非効率的だわ…。

そしてそういうことをすると必ず「どれが最新だったっけ?」とわかんなくなるんだよね。上書きしたものが最新なのかどうなのか。ファイル名に「v01」「v02」だのつけて管理はしているけど、それでも更新の日時をちゃんと見てから上書きしないと悲惨なことになりかねない。というかすでに過去に何回かその経験があるので注意している…が、それでもやってしまうのはもう人の性とでもいうべきか。

メモの方は午前中の早い段階で復旧したらしいが、しかしそれでも同期されない。よくよく考えたら、サービスが止まっている段階で書いたものがアップロードされているわけもないし、アップされてないことにはiPhoneへも降りてこないわけで。そりゃそうだよな。結局家に帰ってすべて繋ぎなおさないとダメだ。ああめんどくさい。

毎月1300円支払ってるんだからもっと安定したものにしてくださいよ、とつい言いたくなる。まったく。同期させたかった内容が仕事に関係するものでなかったから影響なかったのがせめてもの幸いか。

しかし昼休みに続きをしようと思っていただけにがっくり来ている。

全部をクラウドにするのも考えもの、てやつなんだろう。リスク分散しておいた方が今後のためにもいいのかもしれない。

どこまでが真実でどこまでが物語なのか

f:id:swordfish-002:20211019201425j:image

iPhone8 Plus

564日目。仕事の日。

某さんの娘さんの就職先がアメリカの某美術館だという、本当かどうか分からない話が流れてきて、一番最初に口から出たのは「いいなー」だった。

そうか、そうだよね。そういうところで働けちゃうもんね。

正規かどうかは別として、キャリアの一つにカウントできるからものすごくでかい。万一そこで働けなくなったとしても(可能性は少ないだろうけど)、メトロポリタンで働いていたことは次に繋がる。東大の博物館でも働けていたわけだし、なんていうか出自っていうのもこの業界に大きく関係してるなという印象しかなかった。

わたしなんぞ10年以上有期雇用・非常勤という身分で転々としながら生きている。雇用状況だけで見ればまあ彼女と一緒だが、あちらは「公務」というものがあるからそういう雇用だったのだろう。この仕事で飯を食っているわたしとは状況は大きく異なる。当たり前の話ではあるが。

ただ、向こうで働くとして、どのような仕事をされるのかは興味がある。日本とアメリカの「学芸員」「キュレーター」は似たようで全く異なるという話だし、どういう仕組みになっているのか、展覧会を担当することはあるのか―そういうところがもっとより身近に伝わってくれば「博物館・美術館で働くこと」に対して興味を持つ人が増えるのかもしれない。

 

たぶん。

おそらく。

知らんけど。

かくいうわたしはその報道を横目に今日もメールと電話であーだこーだ打合せをしていたし、打合せ用の資料を作っていたし、打合せの議事録を書いたりしていた。なんだこの打合せ地獄。もう自分でも何が何で何だっけ?というぐらいになっている。

二転三転してしまった内容もあるし、確認がもう一度必要なものも出てきている。進んでるんだか戻っているんだか。

こんな仕事をするはずじゃなかった、といえば大げさだが、少なくとも某子さんと同じ肩書なのにやってることは全く異なる。どちらが正しいわけでもないだろうけど、ここまで違うとなるとショックは大きい。

まあ向こうも向こうで「やりたいこと」と「やれること」と「やらなきゃならないこと」というのがあるだろうし、自分のやりたいことが仕事でやれていないこともあるだろう。うらやましく見えてしまうのは「隣の芝生が青い」というやつなんだろうな。

ただね、名のあるところにどういう形になるか分からないけど就職の話がポーンと決まってしまうっていうのがね、羨ましく見えてしまうわけ。正規職目指して試験受けまくったけど受けた分だけ落ちているとだんだん自分に自信がなくなってくる。一方で、決まる人は一発で決まるから、正直嫌になることもある。

だからといって自治体の小さい資料館に某さんみたいな人が就職試験受けに来たらそれはそれで自治体側が困惑するだろうし多分何かしらの理由を付けてお帰りいただくか落とすかするだろうな。想像の話だけど。

田舎にある、一人二人しかいないようなところで働かせられるわけないじゃない…改めて考えるとすごい状況なんだよな小さいところって。

噂レベルの報道ではなんと年収まで出ていて(誰が喋るんだろうねそういうの)、日本であれば割といい感じの額が出ていた。自分の給与明細とついつい比較して黄昏てしまう。そのクラスの人はそのくらい稼がなきゃダメだし、それに応じた報酬をもらって当然とは思うけど、あまりにも雲の上すぎて訳が分からない。

わたしなんか職場ネット回線が繋がらなくて朝から埃まみれになって原因の特定と解決をやっていた。そんな仕事をしても追加料金は出ないのだ…某さんのとこは呼べばスッと専門の人が来てくれてたちどころに解決してくれるのだろうな。

 

で、そんな噂レベルの話からここまで書いてきたワケだけど、この話って本当なんだろうか。どこまでが真実でどこまでが物語なのか。確かめる術はこちらにはない。あることないこと書かれるのはしんどいだろうな。半年もすれば忘れ去られそうな気もするし、もっと早いかもしれない。人のことで怒る暇があったら少しでも自分に身のあることをしよう、ステップアップに繋げよう。そう思った。

 

 

今後はもう少しこまめにチェックしてやらなきゃ

f:id:swordfish-002:20211018182532j:image

iPhone8 Plus

563日目。休日だけど仕事の日。

朝から起きて多少ごそごそしつつ今日の準備をしていた。歯医者行ってからの2時間移動っていうのをやらなきゃならないから結構ハードな日程である。予定を入れた昔の自分を恨むしかない。はーあ。空いてる日が今日くらいしか無かったとはいえ、ちょっとダメだよね実際問題。

次からはもう少し考えて予定を組むことにする。

さて朝からごそごそしていたらどうもWi-Fiの調子がよくなくて、MacbookAirが完全に繋がらなくなってしまった。つい数分前まで繋がっていたのがあれよあれよという間に使えなくなり、全く無反応となってしまった。原因は何かを特定する作業で時間は取りたくないのだが、ええい面倒くさい!と再起動ではなく一度電源を落として新たに起動するっていうので無理矢理直した。

そういうこともあるのだ。

この方法でどうにかWi-Fiも繋がるようになってああめでたしめでたし、という気分にはなったんだけど、直接の原因が分かっていない以上再発する可能性もあるワケである。

掘り下げて考えておいた方がいいかなと思うが、でも忘れるんだろうな。たいていのことは再起動で何とかなる。なので重大なエラーが起きていても気づかないこととかありうる。急に寿命がくるって可能性もあるから電子機器は怖いな。前のiPhone8Plusも急に文鎮になってたし、どこでどうなるか分からないことが多い。

 

午前中は歯医者に行って治療してもらってきた。30分待ってレントゲン撮って診察台で5分程度。あれ?という感じだが、先生によると今日は次の治療の準備らしい。次回は親知らずになっている奥歯を引っこ抜くんだって。

ゲーって感じだが、レントゲンを見せられると「ああ…これはもうダメですね」と納得してしまう。写真で見せられるとぐうの音も出ないほどの説得力があるのは何事も一緒か。

来月はそういうイベントが用意されてしまったので今からテンションだだ下がりである。今日中に抜いて欲しかったわ…でも抜いたら抜いたで喋れなくなるか。

先生が次回予告で「次はね、麻酔をたっぷり使いますからね、痛くないと思いますよ」とか言ってきた。「と思いますよ」、「麻酔たっぷり使いますからね」。

もう何かのフラグにしか聞こえってこなかった。電子機器のエラーもそうだけど自分自身の体のエラーも注意して診ておかないとこうなってしまう。反省というか何というか、今後はもう少しこまめにチェックしてやらなきゃと思った。

まあ無茶な予定を組んでる時点でダメな人間なんだけどさ。

 

ジャケットを着てきて正解だったと思うくらいの気温の下がり方だ。もう少ししたらダウンなんかも持ち出した方がいいのだろうか。少なくともカーディガンあたりは出しておきたいが、その暇があるのかどうかちょっと怪しい。衣替え未だに終わってないし、着の身着のままな姿だから恥ずかしい。

そういうところからちゃんとしていかなきゃダメなんだろうな。たぶんだけど。

手間の割に

f:id:swordfish-002:20211017221912j:image

iPhone8 Plus

562日目。休日の日。

夕べから急に寒くなって、風と雨で更に冷え込んで、というワケであっという間に秋がやってきた。むしろ遅いくらいか。

昨日の仕事には長袖シャツで行ったけど、事務室内暑くて袖まくってて、帰り道にようやく「あ、これちょっと寒いかな」ていうのが感じられるようになったくらいだった。もともと体温高い人間なので半袖の時期はそれなりに長いのだが、昨日の晩はそれを我慢して「やっぱ長めのパジャマにしとこう」と着ていたのが正解だった。朝は結構冷えた。

夕べのうちに観葉植物をベランダから室内に移動させていたが、これもこれで正解だったのかなと思う。ポトスにしろゴムノキにしろ、寒さにはある程度強いと言われているけれど、それでも昨日の今日の気温変化について行くのは大変だろう。人間ですらしんどいもん。植物はしゃべらないからその辺のつらさを育て主が見てやらないといけない。一昨年くらいにはガジュマルを枯らしてしまったから余計に注意深くなってしまう。

とか言いながら、未だに鉢換えてないんだけどね…。もう植え替えのタイミング逃しちゃったかな…

 

休みとはいえ、家でゆっくり何かできるわけもなく、パワポ作ったりなんだりをずーっとしていた。

手間の割に伝えたいことが伝わっているか分からない部分が大きい。毎回毎回「これでいいのだろうか」と頭を抱えてしまうし、「これでいいや!」と最後割り切って作ったら散々な発表となってしまう。力が無いなと凹みながら帰路につくが、凹んでいる暇はないので特に反省することも無いまま、の悪循環を繰り返している気がする。気がするというか繰り返しているのは間違い無い。大した反省もできてないもんな…それこそ発表後の帰りの電車で何かできればいいが、満員電車でしかも立ちっぱなしの状態ではできることも限られてくるわけだし、終わってすぐの時に何かした方がいいのかもしれない。

明日からちょっとやってみるか。

 

ちなみに、明日は歯医者の予約も重なっていて、結構最悪である。しかも重傷じみたところをさわるらしい。削るのか抜くのかどうするのかは分からないけど、とにかくそういう展開になる。麻酔打たれるだろうからしゃべれるかなあ。何も問題ない、ていう具合に終わってくれれば一番なんだけど。

仕事部屋に暖房を置きたいけれど

f:id:swordfish-002:20211016182030j:image

iPhone8 Plus

561日目。仕事の日。

早朝から起き出してごそごそするときのうまいやり方を模索しているが、これがなかなかどうしてうまくいかない。ひとりで起きたいのに奥さんも起こしてしまったりとか、そういうの。

こないだから書いてるけど、自分にだけしか聞こえないアラームを使ったとしてもごそごそ動くから結果的に起こしてしまうワケである…自分の仕事の方というかやり方を変えた方がいいのかもしれないが、どう変えたらいいのか分からないでいる。

まあでも、それくらいやらないと追いつかないっていうのもあるので。朝活はまだもうしばらく続けるつもりだが、最近少しづつ寒くなってきているのが気になる。

わたしの仕事部屋は暖房も無いので冬になれば極寒の地と成り果ててしまう。その前に何かしら暖房器具を導入するのがいい…というのは分かる。しかし面積が…狭さが…暖房器具との距離が取れなくて、置いたとしても火災になる可能性の方が高い。おまけに仕事部屋だから本がどかどか置いてあるので、これはもう「燃やして下さい」的なヤツになってしまう。

電子化されていないものが大半なのでどうしようもない。

これがKindle化されてたのであればそちらに移行していくのかもしれないが、そうもいかないジレンマが大きくて嫌になる。

そもそも、専門書の類って電子化するほどの需要があるのかっていう問題もある。

でかくて重い、ページ数の多いものほど電子化してくれたら取扱楽になるのに、そう言うものに限って他の人の需要が無いからな。自分で裁断してスキャンして、ていうのはなかなかできないし、やったとしても書籍自体の価格が価格だけに乗り気どころか「引く」。

「えっ…なにそれちょっと待って…どういうこと…??」て素のドン引きテンションで言うに違いない。

あとはどのくらい電子化が持つのか。Kindleなんかほら、Amazonから作品データを買ったというよりも借りているという認識の方が正しいという話もあって、Amazonがサービス止めたりなんだりしたら全く読めなくなる可能性が高いし、版がいつの間にか改まっていたりするとその表現をめぐっての確認ができないから割と困る。

希望はあるけど現実的には難しいというので、やはりしばらくは本棚と重いものをえっちらおっちらする生活が続きそうである。夢もへったくれもないが、これまでそれで来たのだからと思うとこの先もまあ何とかなるような気になる。

体力さえ続いていれば、の話だが。

 

そんなわけで今日も本に囲まれながら資料作り。ちょっとペース遅れ気味なので朝も夜もちまちまと。必要なのが出てこなくて片付けた部屋をまた散らかしてしまった。それは片付けたといえるのか。もう少し見やすくて使いやすい形にしたい。どうすればいいかな。また参考になる部屋づくりサイト探しをするべきか。

ちまちまの合間に見てみよう。

 

仕事の方は関連先がお休みなので進めたい話も進められなかったからちょっと中途半端。いつもより短いのはそのためです。次にやることを考えて今日は終わった。