Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

だし巻き探しの旅

f:id:swordfish-002:20200118124632j:image

iPhone8 Plus

居酒屋のだし巻きたまごをめぐるのが最近のちょっとした趣味。卵焼きを作るようになってから特に気になってきた。一番大きな理由は知人の影響なのだが、確かそれは前にも書いたように思う。

今回のはチェーン店のもので、だし巻きというよりも出汁かけ卵焼きだった。これは主旨と反するのでだし巻きにカウントしたくない…こだわりすぎかな。わたしはただ、お弁当のおかずの参考になりそうなだし巻きを探しているのであって、ちょっと変わり種を探しているわけではないのである。

それなら小料理屋とか定食屋を回った方が早いか。次からはその辺りも巡って美味しいだし巻きを探すことにしたい。

日々を残すこと、を、考える

f:id:swordfish-002:20200117141222j:image
iPhone8 Plus

やはりこの時期は冷えるなあと毎年思う。

センター試験の時も、例の神戸の地震の時もそうだった。毎年のことながら、なかなか寒さに備えられずにいる。

熊本の地震後に兵庫県に移り住んでもうすぐ5年になるんだけど、神戸の地震のことも年々言わなくなってきてるように見える。防災センターに行ってようやく当時の様子を知ることができるレベル。震災の跡は今も多少は残ってるけれどほとんど気づかない。あちこちで再開発が進んで、どこがどうなったのかわからないところだらけだ。

他所から移り住んできた人間にとってこれだから、震災後の平成に生まれた人間にはもっとわからないのではないか。以前から住んでる人も風景が大きく変わってしまって、どこに何があったかを覚えてる人はどのくらいいるのだろうか。

熊本の様子は、離れてわかったけどこちらでは全然放送しない。関西ローカル圏のニュースが大半。なので今どうなってるのかもわからない。九州内では取り上げられてるんだろうか。どこまで復興したのか、住んでいた人間としては気になっている。

また顔を出さないとと思うことはあっても、行きたくても行けない、いつの間にかそんな場所になってしまった。知らず知らずのうちに遠くへ来てしまったような、そんな印象さえ受けることもたまに起こるようになった。

わたしにできることといったら何だろうか。被災しても感じだけど、日々の記録というか、写真撮影というか、そういうものを丁寧に残しておくことなのかもしれない。災害に備えるのはもちろんだけど、そうなる以前の様子は意識しておかないと残らないし、残せないように思う。何より、デジタルのご時世、パソコンやそのほかハード面が被災したらデータすら残らない世界だからいろいろ考えてしまう。

日々の平凡な暮らしをどこまで撮れるか、残せるか。そんなことを考えながら、妻と一緒に苺を食べるのであった。

現場に出たい気持ちを抑える日々

大阪・ひとり行く

iPhone8 Plus

年々というか、月々というか、日々というか。

毎日仕事でパソコンと向き合ってたら視力ダダ下がりになった気がしている。いや、確実に目悪くなってる。それに目がかすむし、妙に頭が重い。目薬を職場に持って行けばよかったと後悔する日々。

丸一日デスクワークだもんね、しょうがないか。

いや、よくない「現場主義者」としてはこの状況はよろしくない。資料触りたいし研究作業とかそういうのもやりたいんだけどなあ。全然できてない。

嘆いてばっかりでは始まらないから、せめて休みの日だけは真面目に机に向かうことにします…博物館巡りもまたやらないと。

なぜあなたの研究は進まないのか?

なぜあなたの研究は進まないのか?

  • 作者:佐藤 雅昭
  • 出版社/メーカー: メディカルレビュー社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本
 

う…がんばりますです、はい。

新年GXR最初の一枚は

校庭のイス

GXR + GR LENS A12 28mm F2.5

相変わらずたいしたことの無い一枚でした。そういうものだよね。

近所の学校の校庭の隅になぜか放置されていたイス達。備品備品ではないのかなどうなんだろそんなことを考えながら。

そういや、GXR10年程使ってることになるのかな。このGXRも自分がまさか10年もの間使われるとは思ってなかったんじゃないか。

最近、モジュール交換式のアクションカメラの話題が出ていたけど、すごく既視感あるもので。

dc.watch.impress.co.jp

モジュール式は発表会の時が一番元気で、それ以降はしぼみがちだよねえとかいう感想。いやほら、一番「そうなっちゃった」カメラ使ってるからね、分かるんだよね。モジュール化すると拡張性が上がってあれこれ出来そうに「思えちゃう」んだけど、よくよく考えたらそこまで求めてないというか、別に追加モジュールでしなくても他の手段で出来ちゃうしっていうのが大半で、むしろそのコストが製品の値段に反映される分高価になりがち。このカメラもこれまでのモジュール式カメラの道を歩まなきゃいいけど。

今年は何枚くらい撮影出来るかな。なるべく持ち運ぶようにしてはいるものの、タイミング外しまくりの写真どころじゃなくて自分でも凹みがち。去年よりは1枚でも多くいいものを撮りたい。

それが今年のGXRユーザーとしての目標かなあ。

重いけどがんばって持ち運ぶようにします。

RICOH GXR用カメラユニット GR LENS A12 28mm F2.5 170560

RICOH GXR用カメラユニット GR LENS A12 28mm F2.5 170560

  • 発売日: 2010/11/05
  • メディア: Camera
 

 

本日妙にフル稼働中につき

f:id:swordfish-002:20200114123225j:image

iPhone8 Plus

弁当写真の日はたいてい仕事がクソ忙しいかネタがないかのどちらかで、今日は前者。そしてこれは去年から続いていること…つまり今年もなんやかんやで忙しいわけで。

いるかと思ってた責任者が休みだったり、思いの外問い合わせの電話とかがかかってきたり、お客さんの対応に向かったり…連休中よりも出番が多いのはなんでなんだろ。ようやく昼休みでぼんやりできるような感じ。

これはお昼からも忙しくなりそうなパターンかなぁ。そういう日に限って遅番だから帰りは遅くなりそう。もうちょっと、ゆっくりと仕事ができればいいのにな。

X-Pro3カタログ、ダサすぎ問題

なんでこれでOK出したのかものすごくモニョモニョする

X-Pro3カタログがダサい

iPhone8 Plus

こんな台詞いらない…

最近のパンフレット系、こういう太字・ゴシック体が幅を利かせていてあんまり好きじゃ無いんだけど、まさかX-Pro3にまで出てくるとは思わなかったからビックリしてる。レンズラインナップがちょっとだけ掲載されてるってのは別にいいんだよ。レンズはレンズでカタログあるから。本体への説明が悉くすべってる感が嫌なんだよ。

正直まだX-Pro2の方がスマートでカッコよかった。フォントは明朝体ベースっぽいし、何より文字数が少なく「カメラを見せよう!」「わたしたちの作ったカメラを見てくれ!」感が前面に出ていて見応えがあった。ボロボロになったX-Pro2がものすごくカッコよかった。機械としてのカメラの魅力を十分出していたように思う。

fujifilm.jp

でもX-Pro3は「こう感じ取ってくれ!」というある種の押しつけがましさがあって、戸惑ってしまった。Appleのサイトに漂う感じにも似てるんだけど(フォント似てるし)、何かチープに見えてしまって正直購買意欲を削られてしまう。見出しの文字をちょっと斜体にするとかはまだしも、フレーズのひとつひとつが響かないダサさこれ購買層どの辺設定して考えてんだろ。今時の高齢な方向け、て感じでもないしなあ

製品そのものの出来はいいのだろうけど。

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 ブラック FX-X-PRO3
 

もし後継機出るのであれば、X-Pro2の路線に戻して欲しいし、もっと写真の作例を載っけてほしい。なかなか買えないけど、買うとしたら、このカタログ同士の比較で考えたらわたしはPro2の方を選ぶだろうなあ…古い型だけど。

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2

  • 発売日: 2016/03/03
  • メディア: エレクトロニクス
 

もうちょっとどうにかならなかったものかな。ほんと。 

今年の目標は、献立を考えて料理すること

f:id:swordfish-002:20200112083848j:image

iPhone8 Plus

卵3個で作った卵焼きを、「卵2個で作ったんだけど、卵1個1個が大きかったからこんなになっちゃったよ」と言い通すのには流石に無理があったな、と作ってからちょっと反省。ちょっとだけ。

いやほら、お弁当のおかずが少ないかなぁと思って大きめに作ったら、冷凍庫からカットパプリカの冷凍が出てきたんでそれを炒めて一品にしたら思いの外ボリューム満点なお弁当になってしまって。

そして今日材料をほぼほぼ使ってしまったので、明日のお弁当をどうするかという問題も浮上。今日の夜に買い物行ければいいけど、時間的にどうなのかな…雨降ったら行く気しなくなるし。

後先考えずに作るとろくなことないなー。今年の目標は「ちゃんと献立考える」だな。材料の使い回しとかそういう部分をもっとちゃんとしないと、食材買い足さなきゃならなくなるし。無駄も出てくるし、余計良くない。もうちょっとレシピ本とかサイト巡りして勉強しようと思う。