Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

2ヶ月ぶりくらいに髪の毛を切りに行く

f:id:swordfish-002:20201026112359j:image

iPhone8 Plus

204日目。休日の日。

2ヶ月ぶりくらいに髪の毛を切りに行く。月曜だけど行きつけのところは開いているので助かっている。その分、美容院の休みはどうなってるんだろうかと気にはなる。シフト制らしいけど、ちゃんと休み取れてるんだろうか。人ごととはいえ心配してしまう。

特に予定も無いので髪切った後はちょっとだけぶらぶらすることにした。そういえばTSUTAYAのレンタル権が切れたまんまだったのでこの機会に更新。配信サービスに加入してはいるが、配信されていない映画とかドラマとか、個別有料になっている作品とかもあるから、まだまだレンタルDVD/CDはしぶとく残っていくんだろうなと思う。それより先に光学ドライブが無くなってしまいそうな気もするが、その場合は中古の光学ドライブが高額になるのかな、コウガクなだけに。

コウガクなだけに。

…はいはい。

あれほどアホみたいに借りまくっていたCDをここ数年借りていないことに気づいた。サカナクションとかKing Gnuとか米津(下の名前が出てこない)とか、聞きたい人たちが結構出てきているのでまた片っ端から聞いていかなきゃ。新しい情報というか、そういうのを更新していかないとそれ以外の情報にも付いていけないし、何より社会に「何が求められているのか」を読み解けなくなる。自分の仕事にも大きく関係してくるところだから結構重要かな。展覧会のはやり廃りとか、そういうのの背景にも必ず社会的な要求みたいなものがあるような気がするし、もう少しこの辺掘り下げられれば、何か面白いものが見えてくるんじゃないかと思う。社会に何を伝えたいかという動機すら、実は社会の要求に沿うように無自覚のうちに自己規定したものだったりして。

そんなことを考えながらぶらぶら。義姉が家に遊びに来ているので帰るに帰れない…女どうしで話したい事もあるだろうし、そもそも立ち入れる話もないだろうし。そんなに気をつかわなくてもいいのかもしれないが、気になるものは気になる。この辺難しい。もうちょっとだけぼんやりしてから帰ることにしようかな。

新機能よりも今動くものを確実に

f:id:swordfish-002:20201025194732j:image

iPhone8 Plus

203日目。仕事の日。

なぜか往復ハガキの使い方を改めて調べている。

「知っているようで詳しくは知らない物事」のひとつかもしれない。イベントの申込とかに大活躍なのだが、使い方をよく分からないまま送ってくる人もいるので(返信部にいろいろ書いちゃっててこちらで新たにハガキを買わなきゃいけなくなる)、その対策として「書き方イラスト」をチラシとかに掲載したらどうかなと思い立ったのだが、良い感じのイラストがない。なので作っているというわけ。「無かったら(無いものは)作る」はひょっとするとこの仕事の根幹かつ職業病的な部分なのかもしれない。作るのが苦かというとそうでもないし。

ちまちま何かするのが好きなのかもしれないなと改めて思うが、こないだミニ四駆を久しぶりに弄ったときは謎の元気の無さが生じてしまい、マシンメンテナンスどころではなかった。リヤ側のステーを取り付けただけで「今日はもういいや…」となってしまったのだ。やはりコースに行けない日々、マシンを走らせられない日々が続くとモチベーションも下がるもんだなと再認識した。仕事以外の時は好きなことをやっておく必要あるし、気分転換としても大事だわ。

往復ハガキのイラストはIllustratorでちょこちょこと作った。四角ツールで四角いっぱい作って、あとはコピペで増やしたり並べたりで作っていく原始的な方法。このくらい単純な作業であれば別にIllustratorとMac使わなくてもパワポでどうにかなったんじゃないかとは思う。要は慣れてるツールだったから今回も使ったというだけなのだが、そのあたりの臨機応変がなかなか難しい。特に何か作る時とか。

なので未だにMacのOSのバージョンを上げることが出来ずにいる。新機能よりも今動くものを確実に動かす、動いてもらわなきゃ困る的な。バージョンを上げなかったら上げなかったで、iTunesライブラリーが開けなくなるし、その辺結構困る。NASにiTunesのライブラリーを置いておいて、WindowsでもMacでも開けるようにしておいたのだが、Windows側のiTunesが新バージョンになった際にライブラリーもアップデートされたらしい。そのためにMac側では一切開けないことに。おおう、まさかの盲点。こうして取り残されていくマシンが増えていくんだろうな…。

20代の頃は新しいマシン!新しいOS!ってすぐに乗り換えたりなんだりしてたけど、仕事するようになってからはむしろ「確実に動くこと」がパソコンとかに求める必須条件になった。大事なときに動かなかったとか急に壊れてしまったとか、過去に経験したらそういう考えに結局はたどり着くか。それはある意味、冒険しなくなったといってもいいだろう。以前、芸人達が何かのテレビ番組で言ってた「年を取とるといろいろ怖くなる」が、何となく分かり始めたような気がする。まあ、状況は違うんだけど。

完成したイラストはPNGで書出した。この内容で分かってもらえるだろうか、また課の人間が揃ったときに確認したい。

タイムマシン発明の原理かもしれない

f:id:swordfish-002:20201024220241j:image

iPhone8 Plus

202日目。仕事の日。

朝からカレンダーとにらめっこしている。約9か月後の展覧会に向けて、各月に何をどうするかを軽く割り振っておくような作業をしている。実際に落とし込んでいくと9か月といってもあっという間で、時間が足りないような感じにも見えてくるから怖い。

スタート地点は決まっているのでそこから逆算して印刷物の発注とか、時間がかかりそうなものを落とし込むとだいたいどこで何をすればいいかが見えてくる。

最近はそういう手帳もあるみたいで、わたしのようにスケジュール管理自体が苦手な人間にとっては重宝するだろうし、早いとこ来年度のその手帳に乗り換えたいと思っている。以前にも書いたかもしれないけど、この仕事してると年単位でのスケジューリングも必要になってくるから、だんだん自分が「今、何年に生きているのか」が分からなくなってくることがある。

タイムマシン発明の原理かもしれない。

いや違うか。

落とし込みをしていると、関係各所との打ち合わせが意外とあることに気づく。あとはあいさつ回りみたいなことも。どうやら東京に行かなくてはならない部分もあるらしい。行くのは担当者のわたしだけでいいのだろうか。この辺は上と相談か。

何にせよ、折衝とか打合せとか相談とか、「コミュニケーション」とかいうものをこれまで以上に重視しなくてはならないようで少々しんどい。コミュニケーションが苦手な人間が割と無理して「コミュニケーション大好きなんです」なんていう体で仕事してるからなー自分でいうもの何だけど。まあでも根回しじゃないけど話通しておかなきゃ進められないのも事実であるし、もうちょっと我慢して「コミュニケーションできる人間」のふりしてやってみるしかないか。

 

外は秋晴れ。こういう日は外にお茶持って行って公園なんかでゆっくりしたい。

「傘を買ったら雨が上がる」

f:id:swordfish-002:20201023201357j:image

iPhone8 Plus

201日目。仕事の日。

朝イチで割と面倒な仕事をする羽目になった。チラシとかそういう広報物のより分けというかそんな仕事だ。なんせ数が多いのでどう頑張っても2時間は軽くかかる。

この作業をひたすらやっているだけで午前中が終わるだろうし、予想通り終わってしまったからあまり面白くない。早く片付けようと頑張っても頑張っても進んでるのかむしろ増えているのか分からなくなるくらいだ。

幸い一人での作業ではないからまだよかったものの、あちこちで作業の一時停止が起きて、人数が増えれば増えるほど作業が止まる可能性も出てくるので、人海戦術とはいったい、という気持ちでいっぱいだった。そういう時に限ってチラシをうまく取れずに後ろに列ができてしまって自分がボトルネックになってしまう。トホホである。

行きしなには大雨が降っていたので職場の人に送ってもらったのだが、帰りは徒歩となった。歩いても15分そこらなので気分転換にも適してるしいいかなと思っていたのだが、いまだに大雨。傘は忘れてしまったので仕方なく近くのコンビニでビニール傘購入。601円。何気に財布の中の全財産だったりする。買った傘をさしてさあ帰ろう…と建物を出たとたん小雨に変化し、そして綺麗に上がった。「傘を買ったら雨が上がる」。わたしの600円がなあ…もったいないことしたなあ…。

そのまま職場の置き傘として使うことにした。いざという時に使おう。

午後から次年度の担当分担とかイベント事について同僚と打合せ。スケジュール的にタイトであるし、早速動き出さなきゃいけないことが判明して気持ちちょっとどんより。余裕あるかなーとふんぞり返ってる場合ではなかった。また忙しくなるなこれ。

休みの日はいつもそうだ

f:id:swordfish-002:20201013104554j:plain

iPhone8 Plus

200日目。休日の日。

微妙に寒い日である。今日は朝から妻が健康診断に行くので朝ご飯の用意なし、お弁当もなしで楽なのだが、さすがにお腹すかせてる人の前でご飯食べるのもなんだか忍びないし、というわけでわたしもご飯後回し。なので結構お腹が空いてしまった。朝から珍しいことだと思う。

洗濯物を片付けてゴミ出しして、といういつもの休日の過ごし方で、ゲームをせず録画してあった『ULTRAMAN』を見た。見たのだが…何かこう、3Dにしなくてもいいじゃないか、MMDの方がまだできが良い作品がいっぱいあるぞ…という気持ちになってしまい、話の内容どころじゃなかった。メカメカしい(パワードスーツっぽい)ウルトラマンは個人的にありなんだけど、お話しの重厚さに対して絵がペラペラなのが残念というか、そっちばかり気になってしまったのだ。

ULTRAMAN(1) (ヒーローズコミックス)

マンガ版は面白いのになあ…どうしてこうなってしまったのか。

全12話を流し見、早送りの感じで見たが、それでも2時間くらいかかった。ちょっと時間がもったいない気もする。2時間あったら他のこと出来たなと後悔している。その時間あったら本でも読めてたかな…

ULTRAMAN Blu-ray BOX (特装限定版)

こないだファイナンシャルプランナーから求められた個人年金の保険証を大捜索したのに全然見つからず、「ああ再発行してもらわなきゃだめかな…連絡入れるの面倒だな」と思ってしょぼんとなった瞬間にファイルごと目に飛び込んできたから世の中よく分からない。しかも堂々と背表紙付きクリアファイルに入って。ちゃんと見たはずなのに見落としていたらしい。疲れてんのかな…

夕飯は鍋の予定。夕方また買い出しに行かなきゃ。ゆっくりしてるようで案外時間がない日だ。休みの日はいつもそうだ。

いろいろとクソみたいなことが今日もあったけど、これだけでどうにか乗り切れた気がする。

f:id:swordfish-002:20201021210935j:image

iPhone8 Plus

199日目。仕事の日。

朝からフェーズワンの「IQ3 100MP」で撮影された写真を見る。仕事で印刷に回すための作品画像だ。自分たちは撮影せず、所蔵者側が持っている画像を提供していただいたのだが、データサイズも何もかもが未経験の領域でひとり興奮してしまった。なんせ拡大(ズーム)していっても全然ボケてこないのだ…どんだけの解像度だよこれ。f/11くらいの絞りでここまで深く撮れるのか。

dc.watch.impress.co.jp

以前使用していたNikon D80とかOLYMPUS E-510でも絞ればその分解像度得られてある程度まではきちんと写り込んでいたけど、さすがに絵のベース面までは写ってなかった。日本画を撮影したデータだったんだけど、「IQ3 100MP」だと絹本の目地というのかな、拡大すればそこまで綺麗に見える。ほかのカメラだと潰れてると思う。

何より色の階調というのか、そういう部分が非常に綺麗に再現されててビックリした。いやもう、これは支給のノートPCではなくキレイキレイなモニターでがっちり見たい。しかし…しかし、そう思うときに限って叶わないのが世の常だ。ノートPCの小さいモニターではもったいないくらいだった。できれば大画面のものを用いたい…いやこれもう40インチくらいでも十分なんじゃない。テレビか。

この感覚はシグマのFoveonの画像を初めて見たときと似ている気がする。DPシリーズで撮影した写真を初めて見たときの衝撃というか。自分の目で見えているものよりも綺麗に見えているような、そんな感じだ。あれもすごかった。その場の空気みたいなものすら写してたんじゃないか、てくらい独特の印象がある写真になっていたように思う。

SIGMA デジタルカメラ dp1Quattro 2,900万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー(APS-C)搭載 930585

しかししかし。やはりどの世界もメリットが大きいとデメリットも大きいというか。フェーズワンのやつは撮影されたデータ量もかなり大きい。1ファイルあたり800MB弱ある。やべえ。開くだけで1分近く待たされるし、メモリが6GBくらいも食われる。やべえ。文字通りゴリゴリ減っていく様はある種壮観である。1枚だけだよ開いてるの、なのにそれほどまでに重くなるのは恐ろしい。

そりゃあハイエンドPCの領域があるわけだし必要になるわけだな。個人使用だとデータの保存先に困りそうだし、せっかく撮影してもリサイズリサイズで終わりそうな気もする。

知らんけど。

分かっていたけどあえてフェーズワンのお値段も見てみた。うん…何というかこう、ハイエンド!て感じだった。高級車、スーパーカー、そんな感じだ。やべえ。これ使って撮影してたのを見るに(Exif情報から知った)、館が所有しているのかなとふと思う。

うう、予算潤沢なところはいいな。もしくはカメラマン雇ってカメラ自体はレンタルとかかな。いずれにしても、そういうカメラを候補に入れてくる時点で羨ましい。作品に対する誇りとかある意味礼儀みたいなのを感じる。やっぱなあ、ちゃんとしたとこにはちゃんとしたカメラじゃなきゃダメなんだろうな。ミラーレスはミラーレスなりにいいところあるし、そうでないでかいカメラにはカメラなりにいいところがある。

要は撮る人間の、「使うものの知恵と勇気」か。

いろいろとクソみたいなことが今日もあったけど、これだけでどうにか乗り切れた気がする。

ファイナンシャルプランナーに保険の相談したら自分の収入に改めて凹んだ話

f:id:swordfish-002:20201020160836j:image

iPhone8  Plus

198日目。仕事の日。

先日の話。夫婦で保険に入ろか、でもどれに入ったらいいかよくわかんないねーってことを義母に相談したら「よっしゃええ人知ってるで!」という感じで知り合いのファイナンシャルプランナーさんを紹介されて、あれよあれよと打ち合わせの日程が設定されてこないだ会ってきたというわけだ。知り合いの保険屋さんに相談してもよかったのだが、おそらく前も勧められたかなり高額な保険を紹介される可能性が高いし、メリットしか話してもらえないだろうから、この機会にいろいろ話を聞いてみるのもアリだなと。

で、いろいろ話をしている中で「ご主人の手取りはどのくらいですか?」と「毎月の家計はどのくらい?」という話になった。改めて見直してみると収入と支出がほぼほぼ近い感じで、妻が働くのをやめると大変なことになることがわかった。

これはやばい。

今の家計、妻も働いているからまだどうにかなるものの、そうでなかったらとてもとても…というつらい状況。有期雇用には産休すらない。ああ、これが有期雇用職員の結婚生活の「リアル」ってやつか。

情けないし悲しいし、トホホな雰囲気に。義母も同席しているので結構いたたまれない感じになってしまった。

なんせスマホの通信料が親持ちなのが知られてしまったのである。36歳、スマホ代は実家持ち。人としてどうなんかなこれ。

今のドコモからMNPしてiPhoneもSIMロック解除して、ソフトバンクにまとめた方がいろいろ安上がりなのかな。名義が親だからめちゃくちゃめんどくさいことになりそうではある。いっそのこと解約してもらって、こちらで個人名義で改めて契約しようか。この辺難しい。

と、後半はファイナンシャルプランナー氏の説明よりも自分の状況の方が気になってしまって、話半分な感じになってしまった。

保険に関してはだいたい希望する金額と内容のものを提示してもらったのだが、しかしそれでも出費は出費であるし、今の家計のどこかを切り詰める必要ありそう。ただ、今わたし個人が支払っている個人年金保険については、解約して別のものに切り替えた方が将来的にも問題ないだろうということが分かった。そういや証券(ていうのかな)どこやったっけな。今度会うまでに探しとかなきゃなのに、どこに置いたかすっかり忘れている。何というか、すでにそういう姿勢・態度自体がダメなのか。もうちょっと自分の「お金」に対してちゃんと向き合わないと。

…もっと勉強して正規職につかないとダメだな…帰宅してからも凹む1日だった。

 

「惨め」ってのはこういうことなんだろうな。