Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

はったり力

キングダムハーツのソラ

iPhone5s

 

ときどき、自分は今の仕事に就いてなかったら何になってたかなと思う事がある。

学校の先生とかそういう方面とも違うし、会社員しているのも何か違うよなあと思う。そういう仕事している場面を自分で想像できないから

どうも血筋的にはそういう真面目なものというよりも、はったりかまして生きていくようなものがあうらしい。こないだ実家に帰ったとき、母方の親戚とそういう話で盛り上がってしまった。どうやら2つ世代的には上の、とある人物のせいらしい。その人の「武勇伝」を聞くだけでもさもありなんと思ってしまう。何より、その「武勇伝」がどこまで本当で、どこまで盛った話なのか皆目見当が付かないところも含めて、なんというか、その人らしいやり方なんだとか。

よくよく考えれば今の学芸員だって真面目は真面目なんだけど、どこかで「最後ははったり力!」なところがあるからな、結果的に性にあってるのかもしれない。

 

ま、知らんけど。

「ハッタリ」力 30歳からでも間に合う人生再起動の教科書 (講談社プラスアルファ新書) (講談社+α新書)

ガラス乾板をデジタル化する必要が出てきた

ガラスの中のバラ

iPhone5s

 

ひょんなことから急遽、ガラス乾板をデジタル化する必要が出てきた。「枚数がいくつあるか全く分からない」ことだけが分かっていて、それ以外は不明な点が多い。

たぶん6×4.5くらいの大きさだと思うのだが、正確に計っているわけではないのでそこからはじめなければならない。

それからデジタル化の方法。スキャンして色調の反転をすればいいのは分かるが、今度はそれを「どの程度の解像度で」取り込むかを考えなければならない。以前従事したデジタル化作業は35mmフィルムで、「今後どのように利用されるかわからない」ことを前提にしていたので4600dpi/コマと、非常にファイルサイズが大きいものになってしまった。今回もそのくらいでスキャンしようかと漠然と考えているが、形式もJpegがいいのかTIFFがいいのか、そこも含めて考える必要がある。前回は汎用性を取ったからJpegにしたけれど、よくよく考えればマスターはTIFFで取っておいて、それを使用する際に個別にJpeg変換してやればよかった。いや実際、全てが手探りでやっていたからこのあたりもどういうセレクトをしたらいいのかよくわからない。

何より一番大きな問題は、この作業を「他の仕事の合間」でやらなくてはならないことだ。ほんとはがっつりとそちらに力を入れて取り組みたいのだが、ー「多様な事情により表立ってあれこれするのがヤバイ」という非常にふんわりとしたことしか書けないのだがー思うようにできないのが面倒なところだ。まあ「お察しください」という万能な汎用語句でお茶を濁すが、作業になかなか取り組めないのが問題だろう。なるはやで取りかかりたいのだが、上を説得するのも時間かかる。どうしたもんか。

 

そんな話をFacebookでしたら、こんな本があるよーって紹介された。

文化財としてのガラス乾板: 写真が紡ぎなおす歴史像

文化財としてのガラス乾板: 写真が紡ぎなおす歴史像

 

 これ知ってたけどスルーしてたんだよね。まさか自分がガラス乾板と関わりになるとは思わなかった。読んで勉強するところから始めようと思う。

iPhone8 Plusを予約した

空の様子

iPhone5s

 

本格的にiPhone5sがダメになってきた。写真数枚撮ったら電源が落ちるとか、通勤だけでバッテリーが減るとか、そういうことが多くなった。四六時中電源の接続が必要な感じだ。iOS11にしてからこんな具合なので(どうも電源回り、バッテリー残量認識にバグというか問題がある気がする)、おそらく11.1で解決されるかもしれないが、それまで待つ事が出来ないし、何より3年半使い込んでるのであちこちガタが来ていてもおかしくない。

そんなわけでいっそのこと新しいのに変えようと思ってiPhone8 Plusにした。店頭にもドコモのサイトにも在庫がない状態なので結局予約することになったのだが。色はスペースグレイで容量256GB。スペィスグゥレイ。

一昔前のパソコンがこのくらいの容量で出たときは「すげーなー」と思ったものだが(実際私のiMac2008early250GBHDDだ)、それが今では手のひらに収まるサイズになっているのだから怖ろしい。ポータブルのHDDは今や1TB以上があるくらいだし、正直もうよくわからない感じだ。そしてそれでも足りないと思うときがあるからなおさら怖ろしい。

予約したはいいが、いつ入手できるだろうか。

10月下旬に東京に3日ほど行くのでそれまでには手元に欲しいが、難しいかもしれないなと思っている。

一応、入手できたらすぐに使えるようにケースだけは購入してある。

今回もUAG製のケース。価格は高いが、安心を買うということで。iPhone5sに使ってたケースも頑丈だった。56回ほど腰の高さからコンクリート地面に落としてるけど、画面割れる事もなかったし、ケースがちょっとだけ傷つくだけで、それ以外に何も起きなかったのはすごかった。なので今回も同じメーカー製にしたのだ。

さて問題はこれまでの画面から更に大画面になることで、指が届くかどうか、使いこなせるかがわからないことだ。店頭のデモ機を触った感じではいけそうな気がするのだが、デモ機を触っていると店員が近づいてくるからそんなに長く触れたわけでもないのが気になっている。長く使ったらまた違う見え方になるのかもしれない。

まあまだ手元にないのであれやこれや言ってても仕方がない。早いとこ入荷してくれないだろうか。機種変に必要な書類はなんだったかなーとごそごそしながら、久しぶりにワクワクしている。

NAS上の1TBデータを消してしまった

f:id:swordfish-002:20171013213500j:plain

iPhone5s

 

個人NAS上に保存していた1TB分のデータを間違って消してしまいました。

文献データやら何やらが一瞬でパァ…何やってんだよ俺…。

事の発端

事の発端はMacBook AirがTimemachineバックアップ出来なくなったこと。またいつものように「ディスクが見つかりません」とかいうエラーが出るので、改めて設定しなおして…ということがなぜか今回は出来なかった。アクセスが弾かれる。

で、ReadyNASの管理画面に行って、バックアップフォルダを新しく作るかーとかやってたら共有のアカウントまで消してしまったらしく。当然ながらアカウントと内容は紐付けされているわけで…という訳でまっさらになりました。はい。はいじゃないが。

今度はReadyNAS自体がおかしい事に

あれこれ設定をいじってたら、今度はReadyNAS自体がおかしい事になってしまった。これの発端はバックグラウンドで動くアンチウィルスソフト(NAS上で動く)が全然更新されていなくて、慌てて手動更新したことがおそらくそれなんだろう。

現状の問題点は既存共有フォルダに新しく作ったアカウントが接続できないこと。設定画面でユーザー追加してみるのだが、「保存できませんでした」というふざけたメッセージが出る。「無視」して続けると、画面上ではユーザーが追加されててアクセスが出来るように見えるのだが、実際にパソコン上からだと何も繋がらない。これは困った。

幸いな事にiTunesのデータはまだ残っているので一安心なのだが、今度はそれにアクセスできなくて音楽聴きたくても聞けない状況にある。これどうやってなおそうか。

1TBは何のデータだったっけ

さて無くなってしまった1TBのデータ。これ何だったかなーと思い出してみると、これまで作ったチラシのデータやら集めた文献PDFやら、という割と大事なデータ類だ。普段あんまりアクセスしない分、内容は忘れてしまいがちだが、いざというときに重宝するやつらだった。ある程度は別口にバックアップ作ってたから復元できるものの、バックアップを取ってなかったものもあって非常に悔しい。デジタルはこういうときほんとに脆いなあ。操作ミスした自分が一番悪いんだけれども。

 

あー。やはり13日の金曜日だったなー。操作するんじゃなかったな。次買うなら、Qnap製に乗り換えようと思う。あっちの方がちゃんとしている気がする…。

QNAP TS-431P TS-431P 単体モデル

QNAP TS-431P TS-431P 単体モデル

 

朝寝坊な休日

お冷

iPhone5s

 

久しぶりの休みは「やるべきなのに後回しにしてしまった」ことを片付けることと、人と会うことですべて終わってしまった。ほかにもいろいろやりたいことがあったのだが、時間切れ。残念。

朝起きた時間が予定より1時間遅かったというのが致命的だったね。うん。駅まで30分かかることを考慮して休みだけどちょっと早めに動こうと思ってたのに、それをふいにしてしまったのは痛かった。結局部屋の掃除も行き届かないまま部屋を出なきゃならなくて。しまったなあ。

1日休んで2日出勤で今度は2連休。シフトが変則的なのでいろいろするには事前の計画が重要そう。そしてそういうの苦手。今回のこともあるから、次こそはちゃんとやりたいのだけれどはてさて。