読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

インストール作業

今日は研究室にあるパソコンの調整というか管理というか、まぁそんなことをしてきた。センター試験期間中になぜかメーリングリストで呼び出しかかっちゃったからねぇ。直通でメールして欲しかったんだけど(汗)
今回は修復の必要があったiMac(ディスプレイがフレキシブルアームで本体と繋がったタイプ)に「Tiger」を入れるのと、Windows機にOffice2003を入れるのが主な仕事。何で2003なのかというと、研究室にあるWindows機は全部古めなので、2003くらいまでしか動きそうにないから。2007なんか動きそうにない。

Tigerは簡単だった

まずはiMacにOSXTigerをインストール。実を言うと初めてMacにOSをインストールしたのだった。しかし迷うことなく簡単にインストールすることができた。時間にして約35分くらい。ただし、インストール完了して最初の起動時に流れるムービーはなんかちょっと鬱陶しい。ネットワーク設定も無事に済ませて、ようやく使えるようになりました。
ただソフトウェアアップデートに失敗してしまい、妙なエラーを出し始めたので結局また最初からやり直しOrz
でもまぁ最後にはちゃんと動くようになったのでよしとしよう。

Office2003をインストール

こっちも簡単といえば簡単。なんだけど、対象となるマシンが古いために若干時間がかかった。メモリもちょっとしか積んでないので結構アップアップ。特に1台がCeleron300@450Mhz(なんか懐かしいOCだな)をしているマシンなもんで、ひじょーに非力。しかしながら実は一番安定していたりする。そんなわけで、じりじりとインストールできました。ただしまだアップデートは未完了。研究室の回線が妙に細くなってるので時間がかかるのだ。この原因の特定もやっとかなきゃなぁ。

それからそれから。これは昨日の話。ちょっと時間ができたのでWindowsVistaRC1(ちょっと前の雑誌についてたやつ)をもうすぐ製品が出荷されるという時期になってインストールしてみた(笑)別ドライブにクリーンインストール。インストールが簡単になっていたのがうれしい。かかった時間はこっちも30分くらい。構成はこんな感じのマシンです。
・CPU:AMD Athlon64X2 3800+ (S939)
・メモリー:1024MB(128MBほどグラフィックに)
・HDD:80GB S-ATA(Maxtor製)
・マザー:MSI RS482M4-ILD(グラフィックオンボード)
・サウンド:オンボード
これでもまずまず使える。話題の(?)WindowsAeroも無事に動いた。パフォーマンスは最高がHDDの5.1、最低がグラフィックの2.0だった。

ちょっと慣れないと使いにくい。目的のフォルダまでたどり着けない。「検索」で探すのが本来の使い方なんだろうけど、やっぱダイレクトに開きたい。たぶんその方法もあるんだろうけど、まだ発見できず。もうちょっと使い込んでみようとおもう。

あとこれ入れてから別ドライブのWindowsXPが起動時にこけるようになった。他に原因があるのかもしれないけど。無事に立ち上がっても画面スクロールする時になんか妙に引っかかるような感じもするし…。Avastのバージョン上げたからかなぁ。うーむうーむ。原因が分からん。