読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

機材をなるべく軽くしたい

線路ぞい

GXR + GR LENS A12 28mm F2.5

 

うおん。マウントユニットもしくはミラーレスが欲しいぞ。

田中長徳だったかな、「レンズ交換は視野そのものを変更するようなものだから~」とかなんとかいうことをどこかに書いていた気がする。

カメラに訊け!―知的に遊ぶ写真生活 (ちくま新書)

カメラに訊け!―知的に遊ぶ写真生活 (ちくま新書)

 

どっちに書かれてたか忘れた。

たぶんいろいろ追い詰められているというか、追いかけられているから、通常の視点とは違うものが欲しいというそれだけなのかもしれない。あるいは、何かを消費してストレスを解消しようというものかもしれない。

 

というか。こないだ行った調査の機材がトータルで9kg程度あってビックリしたわけで。D80Sigmaの10倍ズーム、ビデオカメラやらカバンに突っ込んでいたらそうなった。これにMacbookAirやらfireやらモバイルブースターやら紙のノートやらもろもろを入れていたら気づかないうちにずっしりと。あやうくジェットスターに余計なお金を払うところだった。

 機材をなるべくシンプルにして、軽くしたいと今回強く思った。GXRだけでもいいのかもしれないけど、あれほとんど28mm専用機になってるから、あまり撮影の範囲をあれこれできない。やはりOM-Dあたりの中古を1台入れるべきか…?4/3の頃使ってた14-54mmがまだ手元にあるんだよな、あれもアダプター使えばいけるみたいだし。

 最初期のやつならいい感じの値段で中古を購入できるのがポイント。

フルサイズ機もいいんだけど、重量がネックになるのがなあ。自分の使い方ならμ4/3がいいのかもと最近思うようになってきた。大きくてもGXRくらいまで、要はAPS-Cくらいかな、と。それよりも手元にあっていつでも使えるってのが重要な気がしてきている今日このごろ。