Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

腕時計が欲しかったから「セイコー5」というものを買いました

腕時計を買いました

腕時計がほしいなーなんてこないだから思ってて(仕事の時に何かと不便だったから)、あれこれ探していたんだけどどうもしっくりこなくて。それこそいいものを、と思ったら値段は上限知らずだし。んでデザインもあんまり好きじゃないものが多くてちょっと困りました。

例えば…Gショックは高校生の時に使っていたけど、もうそういうの使う年じゃないし(あまりにごつすぎる)、「ロレックス!オメガ!タグホイヤー!」なんていう三闘神が買えるような余裕なんてないし、何より向こうから「お断りです!」されそうだし。

チープカシオ(1000円くらいのカシオの腕時計)が今流行ってるけどあれはどう見ても長く使うためのものじゃないし。電池交換するより新品買った方が安い、ていう消耗品のような扱いのものを買うのもなあ、なんて思っていたわけです。

CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

 

↑こういう格安モデル。

そんな中で、機械式の腕時計がいいかなあと思うようになりました。理由は…特にないかな。電池なしで動く、てところに強く惹かれたのかもしれません。数年に一度メンテナスに入れてやる必要があるけれど、非常に長く使えるのも魅力かと。

ただ、機械式で自動巻きの腕時計も値段もピンキリでした。

機械式腕時計

結局、値段とデザインで「セイコー5」シリーズのものにしました。1960年代からあるシリーズだそうです。今はほとんど海外向けの商品らしく(電池が十分供給されていないところもあるため)、国内では生産されていないとか。

たぶん、このモデルだとメンテナンス費用のほうが購入価格よりかかるかも…。

#今回の写真はすべてiPhone5sで撮影

パッケージ

チャック式の袋に入ってました

箱すらない状態で届きました。輸入品扱いで、しかも値段下げるためだそうです。保証書はついてきましたが納品書が見当たりませんでした。保証を受ける際には両方いるらしいけどどうなんだろ。 

文字盤とか

アナログ式文字盤。蓄光します

開封して文字盤をアップで。きわめてシンプルで気に入ってます。

表示される情報もカレンダーだけ。

裏面

裏面はスケルトン仕様。内部の動く様子がよく見える。

裏側はスケルトン仕様。自動巻きの時計は初めて購入しましたが、中のこの半月状のパーツがばねとつながっているそうで、時計を振ってばねを巻き上げる仕組みだそうです。マックスまで巻いて40時間分動くんだって。

なので最初の儀式は「時計を振ること」でした。

実際につけてみるとこんな感じ

毛深い…ナイロン製のバンドは安っぽく見えるのであまり好きじゃないな

ああ、腕毛濃いなあ。

時計本体はどこか昭和の雰囲気を出していて気に入ったのですが、バンドがだめです。ナイロン素材のバンドなんですけど、それが安っぽくて仕方ありません。

機械式の時計は初めてだったので、いろいろ作法が異なることも驚きでした。というより、そこに気づかずにいじってしまって、カレンダー機能がおかしくなってしまったかも…。

時間の誤差は+15秒くらい。機械式初めての自分としては、ここからどうあわせていけばいいかわからずじまいでした。ま、実用の上ではそんなに気にならないからいいか、なんて気持ちで使ってます。なんかそういうとこもおおらかでいいな。

あとはバンドをどうにかしたい

まあ最後はこれに尽きるかと思います。ナイロン製のバンドで、非常に安っぽく見えます。実際安いからこれでいいのかもしれないけど、でももう少しお上品なものにしたいなあ。来月以降、給料が入ってから考えます。

フォーマル向け?な「ちょっとかっこいい」やつもほしいな。

…なんだか奥深い分野だなァこれは。 

 

そんなわけで、これからちょっとずつこの機械式時計のことも書いていけたらいいなと思います。

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー