読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

「君は「黄色い帽子のおじさん」に似ている」

最終列車まち

iPhone5s

 

どうも「黄色い帽子のおじさん」に似ているらしい。私。

ついこないだ、職場でその認定をされてしまった。別に嫌なわけではない。というより、どうしてそのキャラクターと私が繋がるのかが最初はよくわからなかった。

 

黄色い帽子のおじさん」は「おさるのジョージ」にでてくる、いつも黄色い帽子というか真っ黄色の格好をしている彼だ。

おさるのジョージ [DVD]

おさるのジョージ [DVD]

 

 

おさるのジョージ ジョージとなかまたちフィギュアストラップ [2.黄色い帽子のおじさん](単品)

ジョージの飼い主なのかジョージが支えてあげているちょっとうっかりなおじさん。どうやらあのひょろひょろっとしたスタイルがそっくりらしい。黄色い服を着ているからというわけではない。というかそんな服は持ってない。

あと、同じ職場でありながら、どうも私のやっている仕事が「ナゾ」らしく、このおじさんもなぜかジョージと住んでいる、別荘も持ってるくらい稼いでいる、という「ナゾ」の部分があるから、共通点だね、とかいう話らしい。私はまったくといっていいほど稼げていないけど。

一番ショックだったのはこのおじさん、同業者らしいんだよね…同業者…ああもう逃げられない。受け入れる的な(むしろ気に入ってしまった的な)。こんどからイベントの時に黄色い格好します。はい。小さいころ、「ひとまねこざる」バージョンが家にあったので何度も読んでた気がするんだけど、それがこの道に進んだ原因のひとつなのかもしれない…いやまさかそんな…。

 

…まずは黄色い帽子から用意するか。