読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

九州から関西に出てきて一番驚いたこと

駅前の謎の自販機

はじめて九州をはなれて関西に住むことになったのですが、一番の驚きはこの「謎の自動販売機」の存在でした。駅のある町には必ずといっていいほど置いてあるもので、売られているのは格安の切符。定価の半額近い値段になっている切符もいくつかあるというもの。

…これってほんとに使えるの?大丈夫なの?

前を素通りしながら、しかしこの値段は使っていいのかどうなんだ、変なものが出てくるんじゃないのか?て毎回思ってました。初めて見たときは「なんかのドッキリ?あるいは怪しい組織の資金源?なんだこれ?」と衝撃的でした。

謎の自販機

ちょっと離れて観察してたら、ときどき行列ができるくらい、購入する人が多数いて、「ごく当たり前」のように使われているみたい。

うーん…どうなんだ…

実際に買ってみた

中から回数券が
住んでる町から大阪までの片道切符を購入してみました。通常価格の半額近い値段でした。
すると袋の中から切符が2枚。入ってたのは回数券でした。そして何の問題も無く改札を通ることができました。
あとで職場の方から教えてもらったのですが、回数券で区間を区切って購入すると安くなるとか。んで、それを利用しているのがこれ、とかいう話だそうです。どういうルートでこの回数券が入手されているのかはわかりませんが…

style.nikkei.com

距離が長くなればなるほど、割引率も増えているようです。

写真のものだと平日の日中(10時から17時の間)、あるいは土日の全日に使えるという代物で、さらに値引きされるそうです。なんだかもう、よくわからないや。ただし、使える時間帯が限られていたり、期間が決まってたりするので注意が必要のようです。まあ購入したその日に使うのがほとんどですけど。

 

こっちで暮らしはじめて1ヶ月になりましたが、これを超える驚きがまだ他にあるのかな、とちょっと期待してます。どんな驚きに出くわすかな。