Archetype++

写真撮って、日記書いてます。

靴が欲しい(定期的な欲求)

定期的なネタですが

まぁ、なんというか、新しい靴が欲しいと思っています。

ていうか定期的にこのネタ書いている気がするのは、なんでだろう。前回購入してから今まで新しいのを買っていないことがバレバレなのですが、しょうがないです。

だって履けちゃうんだから。一足で十分ってついつい思っちゃう。

 

今履いてるのは、2年くらい前に購入したものです。

 …あ、違った。1年前のものです。

swordfish-002.hatenablog.com

1年経つとどうなるか

今こんな感じになってます。

(1)上から

今履いてる靴

iPhone5s

 

かかとの部分が擦れてきてるのが見えます。それ以外には大きな変化はないかな。こうして見ると、かなり擦れてるなあ…どおりで最近ちょっと歩きにくくなってたわけだ。

ちょっとだけくすんだような気もするけど、靴紐とかも以前と同様に丈夫なままです。

 

(2)靴底

今履いてる靴の底の方

iPhone5s

 

底の方はこんな感じにすり減ってます。歩き方がちょっと変なので、外側のほうが先に減っているのがわかります。右足の方が減り方が大きいです。

減り方を別角度で見てみると

かかと、ずいぶんすり減ったなあ

iPhone5s

 

かかとの方から見たらこんな感じになります。結構すり足ぎみで歩くので、すり減るの早いのかもしれません。あと、左右の脚の長さが違うので、それが歩き方や靴の減り方に影響を及ぼしてるみたいです。これが原因で腰を痛めやすいのかも…

整体に行けば多少よくなるのでしょうか。

 

毎日7000歩歩いてたらそれなりにすり減るのは当然かなと思う反面、「もう少し減りにくい靴底の靴はないものか」なんて思ってしまいます。後輩からはリーガルの靴を勧められました。

物がいいのは確かなんだろうけど、一日7000歩、多いときで2万5000歩近く歩くこともあるから、ちょっと違うかな。

普段履きも兼ねた形での履きやすいものをとなると、それこそ運動靴とかそっち方面になります。職場はスーツじゃなくていいので、そこまで堅くない感じでも大丈夫。なるべく丈夫で、耐久力あって、履きやすい靴を探そうと思います。

 

でも、そもそも、そういう靴ってあるのかな。

そんなこと考えながら今日もてくてく通勤しようと思います。

忙しさのピーク

棚とオロナミンC

iPhone5s

 

展覧会前はどうしても残業気味になるから、それ以外の仕事が放置気味になってしまいがちです。できて洗濯くらい。カメラも写真もまともに触ることができずにいます。とほほ。

おまけに雨も続いてるから、外でぱりっと干すことができません…外に出したいんだけどなあ。

始まったら多少は落ち着いたくらしになるはずなので、それを目指して頑張ろうと思います。はい。

カバンと筋肉痛と

クレーン

Nikon D80 + Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM

 

たまに持ち出すと結構重いなこの組み合わせは。APS-Cでこの重量だから、フルサイズになったらより重いことは想像に難くない。今のカメラバッグが肩下げタイプなので、片方の肩に負担がかかりすぎる。だいたい次の日は筋肉痛。

Amazonベーシック カメラリュック 21.1L 一眼レフ用 ブラック

Amazonベーシック カメラリュック 21.1L 一眼レフ用 ブラック

 

そろそろリュックタイプに変えようかな。

とは思ってるけど、これはこれで両肩にダメージが出る。いっそのこと、ミラーレスにして軽くする方向へ移行した方がいいのか。結構悩ましい問題。

昭和レトロツアー

姫路市立動物園の観覧車

iPhone5s

 

最近、町中に残っている昭和レトロ的なものを探す旅的なものにはまりつつある。そして神戸はそんな要素が所々に残っているのがまた面白い。

もっとも、海岸沿いは例の震災の影響でだいぶ変わってしまったらしい。

三宮の高架周辺も「もっと「怪しい」雰囲気が漂っていて、とても面白い場所だった」というのは、震災前に学生時代をその場で過ごした人の弁だ。そういうのを見てみたかったなあ。

こないだ須磨浦公園に行ってきたけど、あの公園はある意味昭和レベルが高かった。これまで行ったところが霞んでしまうくらい、色々とすごかった。落ち着いたら日記に書こうと思う。

 

今度はどこに行こうか。そして何が残されているだろか。